千葉・成田空港上空で2008年9月、離陸直後のエア・インディア機のエンジンが大規模に損傷し、地上に金属片が落下したトラブルについて、運輸安全委員会は29日、エンジンの低圧タービン内の「静翼」が腐食していたとする報告書をまとめた。

 報告書によると、破断した静翼の外側には酸化防止加工が施されていたが、内側ではこうした対策がとられていなかった。このため、内側から腐食が進んで破断した一つの静翼の金属片が飛び散り、エンジンの排気によって外側にある別の静翼なども次々と破壊され、破片が地上に落下した。

 このエンジンは米ゼネラル・エレクトリック(GE)社製で、同社は06年6月、エンジン整備の際に、内側に酸化防止加工を施した静翼への交換を推奨する安全情報を出していたが、交換時期は明記していなかったという。

 このトラブルでは、駐車中の乗用車3台に、エンジンの破片が落下してフロントガラスに刺さるなどの被害があったが、けが人はなかった。

「田舎知事」連携だ!…9県がネットワーク(読売新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
「黒い雨」国指定地域外にも…広島市が聞き取り(読売新聞)
小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)