沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に反対し、国外・県外への移設を求める県民大会が25日、同県読谷(よみたん)村運動広場で開かれた。

 初めて参加した仲井真弘多(ひろかず)知事はあいさつで、「普天間飛行場の危険性を1日も早く政府は除去せよ。過剰な基地負担、沖縄県民が負う基地負担を大幅に軽減せよ」と訴えた。

 さらに仲井真知事は、「鳩山政権は、昨年の衆院選で多くの国民の支持を得て内閣がスタートした。沖縄県民に対して、公約通りの解決策、特に普天間への責任ある解決策を示さなければならない」と述べ、鳩山政権の対応にいらだちを示した。

 また、仲井真知事は、「私は、日米安保条約、日米同盟を支持する立場にあるが、(沖縄の現状は)応分の基地負担をはるかに超えた負担だ」と述べたが、県外・国外への移設については触れなかった。

「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
首相はつらいよ!? 山田監督が激励(産経新聞)
<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)