横浜市鶴見区の鶴見川で10日、身元不明の女性の遺体が見つかった事件で神奈川県警は11日、司法解剖の結果、死因はくも膜下出血と発表した。頭部に複数回殴られたような傷があり、殺人・死体遺棄事件として横浜水上署に捜査本部を設置した。5月上旬に死亡したとみられる。遺体には重しとしていかりがロープでくくりつけられていた。

 捜査本部によると、両手両足に皮下出血の跡もあった。女性は60~80歳代で身長約140センチ。白髪交じりで約3センチの短髪。腹部に胃を全摘出した手術痕(縦18センチ)があった。

 遺体はきんちゃく形の紺色ポリ袋(深さ80センチ、幅40センチ)にひざを折りたたんだ状態で入れられており、首の部分で絞って頭部が露出していた。【中島和哉】

【関連ニュース】
鶴見川女性遺体:いかりで沈める 遺棄容疑で捜査
遺体発見:身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に
死体遺棄:鶴見川に女性遺体 袋の中、おもり付けられ--横浜

<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
<首つり死亡>独房で男性受刑者 名古屋刑務所(毎日新聞)
憲法施行63年 西岡武夫・参院議運委員長「違法状態…極めて遺憾」(産経新聞)
北辰一刀流と水戸学を脈々と継承 水戸東武館第7代館長・小澤智さん(産経新聞)