当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

2010年04月06日

イタリアのマルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたチェレステ(伊:Celeste 碧空、天空)という緑色に近い青色で塗装をご存知ですか?

チェレステは、現存する自転車メーカーとしては世界最古のイタリア・ビアンキ (Bianchi)社の伝統カラーで、いかにもイタリアっぽい色で若い人には人気のあるブランドです。

そのビアンキ・ブランドの自転車で事故に遭って、首から下の四肢まひの障害を負った元会社経営者が、製造物責任法に基づき、輸入元でビアンキの親会社の日本法人「サイクルヨーロッパジャパン」(東京都千代田区)に約1億6000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたそうです。

フォークが抜けたビアンキ事故は、平坦な道を走っていたら突然前輪が本体のサスペンション部分から脱落したため、前のめりに転倒。その結果、頸椎損傷で首から下がほぼまひし、介護が必要になったとか。


ビアンキのフロントフォーク事故の原因は、フロントサスペンション内に溜まった水で、サスペンションと直接つながっていた左右のスプリング2本が腐食し折れた為だそうです。


事故を起こした自転車は6年前に購入し、主に通勤に使っていたそうです。保管は室内優先で、時たま軒下に置いていたそうです。

この事故についてネット上では、

「フロントサスが付いてるのに、6年間もメンテナンスしていないなんて信じられない」

「いや、ママチャリ感覚で乗ってたんだろう。そういうニワカが多いし」

「ビアンキという看板に騙されて台湾の粗悪品買った自業自得」

「スプリングが折れただけでフォークが抜けるのは明らかな設計ミス」

「同型サスは世界中で使われてるのに、そんな事故は起こってないからたまたま運が悪かったんだろ」

「BAAマークは何のために付いてるか知らないのか?」

「名前を貸しただけのビアンキがかわいそう」

「そろそろ自転車にも車検と免許制度を導入しよう」

等など、色々な意見が出てるようです。

私のCS3400もスプリングが入ったフロントフォークですが、雨の日や雨の予報の日は乗らないし、保管は物置の中なのでフロントフォークを分解してメンテナンスするつもりは毛頭ありません。
が、フォークが折れて・・・という話を聞くとチョット不安に思います。

フロントサスのある場合、工作精度が低くシールドが不完全なものにはフォークにダストブーツ(黒いゴムの蛇腹)が付いてます。
ただ、一部の安物はシールドが不完全にも拘らずコスト対策でダストブーツが付いていないものもあるといいます。
私のCS3400はダストブーツなしです。いちおう数ヶ月に1回シール部分にシリコングリスを着けて気休めにしてるんですが心配だなぁ。

それはさておき、自転車の世界では安物自転車に有名メーカの名前を着けて(箔をつける)売る商売が当たり前のように行われています。
ルック車でよく見る「ハマー」や「シボレー」、「ルノー」なんかがそうです。2万円前後で売られていますが、商標使用料が5千円を越えているブランドも有るといわれています。

相関図今回のビアンキも、イタリアのビアンキは名前を貸してるだけで、製造デザインは日本と台湾のメーカーによるもの。
産地偽装か?と思われるのも無理はありませんが、ビアンキでもルック車でもフレームや部品にはきちんと「Made in Taiwan」等と入ってるので偽装には当たりません。紛らわしいのは確かですけどね。

この辺の事情は、自転車愛好家の間では常識みたいです。
私自身、数年前まで知りませんでした。

今回事故に遭われた方が、ビアンキをイタリア製と思って買ったならば・・・そうでない事を祈りたいです。

ちなみに、事故を巡っては消費者庁が3月に、サイクル社に「重傷事故を把握しながら国に報告しなかった」として厳重注意しているとか。事故情報データバンクにも登録されてるのかな?

「自転車欠陥で事故」と提訴へ 転倒で障害、輸入元に損害賠償
損賠訴訟:「自転車に欠陥、転倒」 障害残った茨城の男性、輸入元を提訴



【4月7日追記】
この方、タイヤ、ブレーキ、チェーンのメンテナンスはやったが、それ以外のメンテナンスはやったことがないそうです。
その点を問題視する声もあるんですが、一方で「クロスバイクのフロントサスペンションなんて分解整備しないだろ」という声もあるようです。
また、メンテナンスしなくても「乗車前のブレーキチェック時に、フロントサスに荷重をかけて沈み込みのチェックはするだろ」という意見もありました。その事前チェックで今回の事故が防げたかはわかりませんけど。

サスペンションについては、「水抜きの穴も無いし、そもそもスプリング破断で抜け落ちてしまうのは設計ミスだろう」という意見が大勢のようです。

まとめると、
サスペンションの設計ミスで内部に水が溜まりやすい構造になっていた。
その結果、スプリングが破断した。
スプリングが破断した結果、フロントフォークが脱落した。ただし適切な設計が行われていればスプリングの破断によるフォーク脱落は防げた。

そして言いたいことを言うネット上では、乗り手についても厳しい意見があります。
「6年間タイヤ、ブレーキ、チェーンのメンテナンスだけってママチャリと勘違いしてるんじゃないか?」
「公道でSPDペダルなんて着けてるから大怪我するんじゃないか?」
ただしSPDペダルについては「コケたら外れるから関係ないだろ」という意見もありました。

メーカーについても
「ビアンキの社長が”うちは名前を貸しただけで事故には関係ないし賠償責任も無い”と言ってたがガッカリした」
AKIWORLDは4年も前に同じような事故を把握してたのに無責任じゃないか」
しかし、これに対して「卸した先のエンドユーザーには知らせる術が無いだろ」という意見も有ります。

最後に、被害に遭われた方は「まさか台湾製だとは・・・」と語ったそうですが、私のジャイアント(世界最大の自転車メーカー)も台湾製ですし、自転車レースに使われる自転車の大半は台湾製であることを付け加えておきます。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(6)TrackBack(0)
自転車 | 社会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yama   2010年04月06日 21:34
高いブランド品だから壊れなくて、安い中国製だから壊れるではなく、ブランド品はなんとなく壊れなさそう・・では?

安物のほうが壊れる確率が高いのは間違いないでしょうが、値段が何割安ではなく何分の1ならほとんどのひとは安物を買いますよ。
2. Posted by Mr.ポテトヘッド   2010年04月07日 10:39
こんにちは、yamaさん。

企業のイメージ戦略ですね。
ハマーなら頑丈そう!とか、キャディラックなら乗り心地が良さそうとか(笑)

3. Posted by yama   2010年04月07日 18:12
自転車に詳しくないひとがスポーツタイプの自転車を買ってろくにメンテをしない、なんてすごくたくさんいそう、というかサスの問題は別にしてスポーツタイプはメンテ要でママチャリは不要なんてわけが無い。

名前を無断で使われたなら責任は無いが、貸してるだけで責任が無いなんて一体どんなメーカー?
4. Posted by Mr.ポテトヘッド   2010年04月09日 13:04
ライセンス料を貰って名前を貸してるわけですから、「全く問題ない」という見識には首をひねりますね。
ただ、シンドラーのエレベーター事件でもトヨタのリコールでも問題になりましたが、一度謝罪すると過失の有り無しに関わらず賠償責任が生じてしまう恐れがあるので経営者としては謝りにくいのかもしれません。

なんか窮屈で息苦しい世の中ですね。
5. Posted by アルル   2010年04月09日 23:23
こちらの方はTBSの例の番組の取材を受け、放送されたものとは異なる見解を出したが、先方の都合で収録がなくなり、それは放送されたかったそうです。
http://openadrawer.blog122.fc2.com/blog-entry-58.html#more
http://openadrawer.blog122.fc2.com/blog-entry-66.html
つまり、スプリングが錆びて危険な状態にあった事には違いないが、平坦な道を普通に運転していて、レッグが抜けたのではなく、他の要因で転倒した結果、もともと壊れていた部品がバラバラになったのではないか?と。

さらにコメントも読んでみると、TBSは事故を起こした自転車を(撮影のため?)分解してるようなんです。
これから裁判で証拠として使われる品なのに・・・ビアンキの社長はともかく、サイクルショーのブースに突撃取材して会場係員に詰問してたのもなんだかなあ、と思いました。
6. Posted by Mr.ポテトヘッド   2010年04月12日 12:38
こんにちは、アルルさん。

なるほど、裁判の証拠になる品を勝手に分解してしまうのは解せませんね。
怪我をされた事には同情しますが、これだけ自転車乗りの間を騒がせたんですから、責任問題含めて事実関係を裁判でハッキリさせてほしいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

アクセスランキング