当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

2008年08月18日

ママチャリでブレーキを掛けると『ギーーーッ』とか『キュキュッキュ』とか大きな音が出て恥ずかしい思いをした経験ありませんか?

原因は、リムと炭化したブレーキシューが当って共振をおこすためだそうです。

まず前輪のブレーキ鳴きを直す方法ですが、一般的に前輪のブレーキはママチャリも高価なロードバイクも、左右のブレーキシュー(ゴム)でリムを挟み込むタイプなので、その対処方法を書いてみます。といっても『もう知ってるよ』ってくらいにポピュラーな方法なんですが(笑)

リムに付いたブレーキカスを掃除
リムに黒いブレーキカスが付いていませんか?付いているようでしたら台所洗剤やクレンザーなどで綺麗にしてください。ピカールのような研磨剤で研いてしまってもいいです。この時、脂分を含んだもので掃除するとブレーキの利きが悪くなるので要注意です。

ブレーキシューを削る
掃除だけで鳴きが止まらない場合は、ブレーキシューを外してガラス片や金属片がゴム表面に付着していないか点検します。もし食い込んでいる物があれば、カッターナイフなどでほじり出します。
次に、ブレーキの摩擦熱で炭化(シュー焼け)してツルピカになったゴム表面をサンドペーパーやヤスリで削りザラザラの状態にします。

ブレーキシューの取り付け角度を変える
上記の2つの方法で鳴り止まなければ、最後はブレーキシューの取り付け角度を変えます。
ブレーキ取り付け部分のステーをペンチやプライヤーでよじって、進行方向に対して前側を狭く後ろ側を広く(自転車に乗って上から前ブレーキを見たときにタイヤを挟む形が「ハ」の字になる)して取り付けます。
「ハ」の字の度が過ぎるとブレーキシューの減りが早まったり効きが悪くなるので程ほどに。
ステーをよじれない場合は、ブレーキシューの取り付け部分にボール紙を挟んで角度をつけます。素人がステーをよじるより、厚紙を挟む方が簡単で確実かもしれません。
厚紙を挟む方法はママチャリの前ブレーキ鳴きを止める方法:2008年08月28日に詳しく書きました。


ブレーキユニットの交換
それでもダメならブレーキシュー毎新品にするか、ゴムだけ交換しましょう。
ゴムだけってホームセンターなどでは中々売っていませんが、通販だとせいぜい500円前後、シュー毎でも1000円前後です。ダイソー(100均ショップ)でも売っています


次に後輪のブレーキ鳴きですが、ロードバイクやルック車では、前輪と同様にリムを挟み込むタイプが主流なので前輪のブレーキ鳴き対策と同じです。

ホームセンターなどで1万円前後で売られている一般的なママチャリに付いているバンドブレーキは、結論から言うと鳴き止みません(笑)
これはブレーキの構造的な問題であって、欠陥商品ではないのです。

と、先に結論を書いちゃいましたが、一時的に鳴きを止める方法ならあります。
それは、バンドブレーキの回転面(ドラム表面)を削るという方法です。

このブレーキが鳴くのは、金属同士が擦れあうのが原因なので摩擦面を研磨すると鳴き止むようです。しかし、ブレーキを使い続けると何れは金属面がツルピカになって再び鳴き始めます。

以上を踏まえてバンドブレーキの鳴きを止める方法。

研磨剤で研く
ドラム表面に研磨剤を塗ってから、軽くブレーキを掛けつつペダルを回すことでドラム表面とバンドの摩擦面を削ります。研磨剤は針金の先端や竹串の先端にご飯粒半分程度がいいでしょう。
研磨剤が無い場合は、サビ落とし、台所のステンレス研きに使うクレンザー、真鍮磨きなどに使うピカール、練り歯磨き!などで代用できると思います。
研いた後は、しばらくブレーキの効きが悪くなりますが、数十メートルをブレーキ掛けながら走れば元に戻ります。
コツは一度に大量の研磨剤を付けないこと。少し削って様子を見て、鳴き止まないときは、また少し削っての繰り返しを心がけてください。

やすりで削る
大抵は上記の方法で鳴り止むのですが、重症だとなかなか鳴り止みません。
そんな時は。意を決して後輪を取り外し、バンドの摩擦面とドラムの表面を400番のヤスリで研磨です。
バンドブレーキを分解して研磨する方法(ママチャリの後ろブレーキ鳴きを止める方法:2008年08月29日)を書きましたので参考にしてください。

これでもダメならブレーキ交換。
ただしダメ元でよければ、ドラム表面に高温に強いモリブデングリスを極少量塗るという禁断のワザもあるようです。が、ブレーキの効きが悪くなる恐れがあるので止めた方がいいです。下手したらグリスが染み込んでブレーキ交換になりますので(苦笑)

さて、我が家のママチャリは既に何度もサビ落としで研磨しているのですが、最近は鳴き始めるまでの間隔が短くなってきました。

そんなワケで今夜時間が有れば、後輪を取り外して400番の耐水ペーパーで削りを入れる予定です。
しかし、外すのは良いけど、組み立ては無事に終わるんだろうか。
ディレーラーの失敗があるのでチョイ不安(笑)

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(1)TrackBack(0)
自転車 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 浮雲   2015年10月19日 17:43
大変参考にさせて頂きました。おかげさまでブレーキ鳴きがなくなりました。

所で,この内容をそのまま転載しているサイトを見つけました。
ブログ主さんが既知の内容ならば問題ないのですが・・・・・。

http://kajikore.com/jitensha-urusai-168

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

アクセスランキング