当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

2008年08月29日

ママチャリのリアブレーキに使われているバンドブレーキは、構造的に鳴きが起こりやすいもので、一度鳴き始めると止めるのがなかなか大変(ママチャリのブレーキ鳴きを止める方法:2008年08月18日)です。

オレも毎月のようにサビ落としで鳴きを止めている(実際には鳴く頻度が減るか音が小さくなるだけ)んですが、そろそろ分解してバンド全体に本削りを入れたほうがいいかと思い、先日27日に作業を行いました。

尚、分解する時の手順とバラしたネジや部品類は、どこに、どのような順番で着いていたかメモる事を強くお勧めします。分解は簡単ですが、組み立ては順番を覚えておかないとパニックになります。
ちなみにオレは、このブログを書く都合もあって、いちいちデジカメで記録を撮っていました。

ママチャリを逆さにしますということでまず、タイヤもスタンドも取り外すのでママチャリを逆さにします。


15mmのメガネでバンドブレーキ側のボルトを外します次に、15mmのメガネレンチでバンドブレーキ側のボルトを外します。


チェーンカバー側のボルトも外します同様に15mmのメガネレンチでチェーンカバー側のボルトも外します。


両方ともワッシャーが入っていますが、このワッシャーの片面には波の加工が施されていますので、組み立てるときには表裏を間違えないように注意してください。

クランク側のチェーンカバーを外します次に、チェーンを外すためにクランク側のドーナッツ状になったチェーンカバーを外します。カバーはプラスのネジ一本で止まっているだけです。外したカバーを完全に取り去るためには、ペダルを抜く必要がありますが、今回はチェーンを外すだけなので写真のようにクランクにでもぶら下げて置いてください。


後のチェーンカバーも外します後のチェーンカバーもプラスのネジ一本で止まっているんですが、ネジの場所が分かり辛いかもしれません。チェーンカバー全体を外す必要はありませんよ。


車軸から荷台・泥除け・スタンドを外します後輪の車軸から荷台・泥除け・スタンドを外します。スタンドは完全に取り去ることが出来ますが、後輪を外すだけなので泥除けと荷台は車軸からステーを外すだけで結構です。


車軸に通るチェーン引きを緩めてチェーンを外しますチェーンを外します。車軸に通るチェーン引きのボルト(写真)を緩め、後輪をグイッと前側に押し出すとチェーンが緩んで外しやすくなります。


ブレーキワイヤーを外します10mmのスパナでブレーキワイヤーを外します。


ワイヤーの先端は解けないように注意ブレーキワイヤーの先端には、ワイヤーがほつれない様にキャップがしてあります。キャップはペンチで潰しているだけなので、ペンチで丸く戻してやると簡単に外れます。また、ブレーキワイヤーの先端は、ほつれると組み立ての際に穴に入れるのが大変なので、瞬間接着剤で先端部分をほつれないように固めるといいいです。ただし接着剤を付けすぎて径が太くなると穴に通らなくなるので注意。


固定ボルトを外しますバンドブレーキをフレームに固定しているボルトを外します。固定金具には二本のボルトが付いていますが、片方は金具をフレームに固定するボルトなので外す必要はありません。


ステー、ブレーキ、ワイヤー金具の順番。背面にナットあるので注意ブレーキ固定金具には、バンドブレーキ本体、ワイヤー金具の順番で部品が入っているので組み立ての際には間違えないように。また金具の裏にはナットあるので、ボルトが空回りするようなら、裏のナットをスパナで押さえながらボルトを回します。


バンドブレーキがフレームから外れるこれでバンドブレーキがフレームから外れるので後輪が抜けるようになります。あっ、ブレーキについているスプリングは固定されていないので無くさない様に(笑)


15mmのペダルレンチで玉押しを押さえます後輪が外れたら、チェーン側から作業です。15mmのペダルレンチで玉押しを押さえます。TAKAよろず研究所さんの説明では、100均(ダイソー)のペダルレンチでは厚くて入らなかったとありましたが、オレが100均(ダイソー)で買ってきたものはそのままで入りました。


その上から17mmのメガネを当てて外します玉押しを押えたら、その上から17mmのメガネレンチでハブを固定しているナット外します。


ナットを外して玉押しも外すナットを外したら、玉押しも外しちゃいます。


おわん(ドラム)とバンドに分解できましたこれでバンドブレーキの本体と、車軸のお椀(ドラム)が分解できます。このとき無造作に後輪をひっくり返すと、ベアリングが行方不明になるので慎重に。


バンドが黒く炭化してます本体のバンドが黒く炭化してます。サビ止めや練り歯磨きじゃ限度があるのがよく分かります。


400番の耐水でゴシゴシ20分バンドにパーツクリーナー(無ければ台所洗剤でも構いません)でバンド部分を綺麗に掃除(軸部分はグリスが塗ってあるので注意)してから、400番の耐水ペーパーでゴシゴシ20分ほど削りを入れると炭化した部分が綺麗に除去できました。


自転車屋さんが「最近のバンドブレーキには切り込みが入っていて鳴き辛くなっている」と、どっかに書いていたのでオレもヤスリで少し切り込みを入れてみました。余り深いと強度的な問題もありそうなので、手で触って分かる程度に。

ワイヤーを通す穴さて、バンドブレーキの掃除が終わったら、今までと逆の手順で組み立てです。
メモしておいた手順を参考に、慎重に組み上げます。
特に、ブレーキワイヤーを穴に通すときは、ワイヤーの先端がほつれないようにしてください。


後輪がフレームと平行になるように入れないと、走ったときに自転車がブレます。
玉押しも締め付けが強すぎると抵抗になり、緩過ぎると後輪がフラフラして危険です。
チェーンの張りにも気をつけてください。

ワイヤーを引っ張りブレーキも引きながらボルトを締めるブレーキはワイヤーを外したので、再調整が必要です。ワイヤーを引っ張りブレーキも引きながらボルトを締めるというD難度の作業。オレは更に写真まで撮ると言うE難度にチャレンジ(笑)


以上で、バンドブレーキの分解掃除は完了。
初めての分解組み立ては、写真を撮りながらですが2時間弱で終わりました。
心配していた予想外のトラブルも無く、比較的作業は図ムーズに終えることが出来ました。
試走しての結果も、ブレーキ鳴きは完全に止まったようで大満足です。

ただ、軍手をはめての作業じゃ細かい作業が出来ず、素手で作業したので油汚れで手が凄いことになってしまった(苦笑)

ここまで分解したらブレーキ交換したほうが・・・って突っ込みはしないでね。ここでブレーキ交換しちゃったらスキルが貯まらないので(笑)

【いっそのことブレーキ交換まで考えてる方へ】
交換に必要な工具は、
・車軸を外す15mmのメガネレンチ
・ブレーキワイヤを外す10mmのスパナ
・ブレーキをフレームから外すプラスドライバー
・玉押しを抑える15mmのペダルレンチ
・ハブからブレーキを外す17mmのメガネレンチ
以上の工具は、ホームセンターでも入手できますが、ダイソーのような100均ショップで買って来ても使えます。オレも上記の工具は全てダイソーで買ってきたものです。

バンドブレーキは自転車屋で1000円前後だと思いますが、楽天だと1000円以下です。
送料を考えると自転車屋で買ったほうが安くなる地域もあるかもしれません。



上の写真の90mm用バンドブレーキは楽天で買えます。




上の写真の、音が音が鳴りにくいサーボブレーキは、バンドブレーキと互換性があります。
年会費無料の楽天カードを作ったら入会時のポイントで、ブレーキを買って送料を払ってもポイントが余ります(笑)

下のリンクは、キャプテンスタッグのサーボブレーキ。



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(4)TrackBack(0)
自転車 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みいこ   2010年05月01日 03:03
お邪魔いたします、こんにちは〜。

ママチャリのブレーキ鳴き、前ブレーキの対処法は知っていましたが、後ろのほうはこんなに大変なのですね。私の場合は、自転車屋に持っていくほうが早いかもしれませんw

ママチャリもスポーツ自転車も等しく大事なので、両方ともしっかり面倒を見なければと思います。今後ともよろしくお願いいたします〜。
2. Posted by Mr.ポテトヘッド   2010年05月02日 01:10
こんにちは、みいこさん。

バンドブレーキのメンテナンスは、慣れれば30分も掛からないんですが手が油汚れでギトギトになります。
ですから、自分でメンテナンスの勉強をしたい方は別として、自転車屋に頼むかサーボブレーキに交換したほうがいいでしょうね。

また遊びに来てください。
3. Posted by さとう   2010年12月16日 10:10
私の自転車もリアブレーキの鳴きが酷く、
検索をしていたらこちらが最初に出てきましたのです。
4. Posted by ひろ   2014年03月06日 18:44
5 凄く参考になりました。
助かります。
ほかのブログだと専用の工具が必要で
5000円するってありましたが、そんな
事ないんですね。

勉強になりました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 

アクセスランキング