当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

社会

2012年02月21日

通常キャッシングすると、毎月のカードの支払い明細とは別にキャッシングの都度自宅にキャッシングご利用案内が送られてきます。
しかし楽天カードだとキャッシングの都度送られてくるキャッシングご利用案内を送られてこないように設定(WEB書面サービス)できるんです。

去年の忘年会で同僚と飲んでた時、財布の中身が心細くなってセブンイレブンのATMで楽天カードのキャッシングしたんですが何時まで経っても明細が送られてこないんです。
おかしいなぁと思いつつもカミさんに明細を見られて小言を頂戴するのも滅入るので放っておいたんですが、先日楽天のWEBサイトで明細を確認したらキャッシングご利用案内をWEBで確認する設定(WEB書面サービス)になってたんです^^;
この設定にしておくと延滞などが無い限りキャッシングご利用案内は自宅に送らないそうなんですよ。

キャッシングの総量規制などもあってキャッシングご利用案内の郵送も法律で決められてると思ってたんですが、実はそうでもないんですね。
調べた限りではキャッシングご利用案内を送ってこないようにできるのは楽天カードの他に住友VISAカードも対応してるようです。

キャッシングなんて深夜ベロベロニなって勢いが止まらなくなったときに「うーん・・・じゃもう一軒!」な時にお世話になるくらいですが、そういうのをカミさんに知られるとガミガミ言われるのは目に見えてるのでなるべくならナイショにしたいですよね^^;
そういう意味で楽天カードのWEB明細は所帯持ちには嬉しいサービスかも^^




□■楽天カード■□

楽天カード市場でお得なクレジットカード



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(2)TrackBack(0)

2011年10月20日

よくある環状蛍光管(輪になった蛍光管)を電球に取り替えて簡単な節電をしてみました。

環状蛍光管
0830320000052



環状蛍光管を使ったペンダントライト
147288


まず引っ掛けシーリングには直接電球を取り付けることが出来ないので、引っ掛けシーリングに電球を取り付けることが出来るアダプターを買います。

アダプターは電球の口金サイズに合ったアダプターを選ぶのですが、大抵はE26と呼ばれる口金サイズで大丈夫です。私はホームセンターで売ってたパナソニック の引掛レセップキャップというのを買いました。

電球は蛍光管タイプで60W(消費電力13ワット)のものです。
引掛レセップキャップは300円、電球は490円でした。
引掛レセップキャップとE26口金の電球



さて取り付け方法は、引掛レセップキャップには金具が2ヶ所あってそれを引っ掛けシーリングに引っ掛けるだけ(向きは関係有りません)なので、試しに女房にやらせたら文句を言いながらあっさり交換できました(笑)
角型引っ掛けシーリング



取り付けた後の見た目ですが、丸型引っ掛けシーリング用に作られた引掛レセップキャップを角型引っ掛けシーリングに取り付けたので少し(かなり?)見栄えが悪いですが、寝室や和室なんて家族しか使わないので妥協します(笑)
どうしても気になる方は、引掛レセップキャップ用のカバーが200円前後で売られているのでそれを取り付けるといいでしょう^^
引っ掛けシーリングに電球を取り付けた状態



肝心の節電効果はどうか?
交換前の寝室には環状蛍光管が2本(30W形と40W形)で、普段は30Wだけを点けてます。交換後の蛍光管電球は消費電力13ワットなので寝室の電気代は少なくても半分近くにはなってほしいところですが・・・結果は数ヶ月間様子見ですね^^;

LED電球も考えてみたんですが、同じ60W形でも蛍光管を使った電球よりLEDのほうが暗いのと、日々改良されててもまだまだ光が真下に向ってスポットライト的に飛ぶので今回は見送りました。
ま、見送ったいちばんの理由は値段なんですけどね(苦笑)

でも消費電力が低くなって、しかも30Wから60Wと寝室が凄く明るなったので満足です(^_^)v

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(1)TrackBack(0)

2011年07月15日

事情があって自転車通行可の歩道を走ってると、長いリードで繋がれた犬を見かけます。
歩道上で平気で5mくらい伸ばして、犬が車道側の街路樹でオシッコそれを飼い主さんが反対側で見守ってるなんてこともよく見ます。

そんな場合、正対してる場合は飼い主さんも犬を足元まで引き寄せてくれるか、飼い主さんが犬に近づく場合もあります。でも、後方から接近するとリードが伸びっぱなしになったままで自転車でリードを引っ掛けてしまいそうになることもあります。
特に夜間だと細いリードなんて接近しないと視認できないので危険は倍増します。これ、自転車に限らずジョギング中の方も引っ掛けそうになるんですよねぇ。

まぁ愛犬家の方からすると、後方から音も無く近寄ってくる自転車やジョギング愛好家こそ危険だと思われるでしょうけど。だからといって、人を追い抜くたびに毎回ベルを鳴らすのもウザイですし・・・

そもそも犬のリードって、人を襲わないようにするためじゃないんでしょうか?それを酷い人は5mのリードの先に犬を繋げてるって・・・5mのリードだと犬が半径5m以内を自由に動けるわけですよね。
犬が嫌いではありませんけど、もしもの時に飼い主さんは犬を引き戻すことができるんでしょうか?人に噛み付いてからリードを手繰り寄せても遅いんですけど^^;

飼い主のマナーの問題だし、自転車乗りにもマナーの悪い人は居ますから大きな事は言えませんけど、
個人的には長いリードって迷惑極まりないなぁと思ってるところです。



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(4)TrackBack(0)

2010年07月07日

今日は七夕ですね。クリスマスや正月と並んで子供達には人気のイベントです。
というのも、函館の七夕祭は家を訪れた子供たちにお菓子を風習があるからなんです。

もともとは近所の家々を回って提灯に使うローソクを貰う事が目的でした。貰ったローソクは台風や強風などによる停電で使ったり仏壇に使ったりと活躍してました。

しかし、いつ頃からかローソクの他にお菓子も配るようになり、停電が滅多に起きなくなってからは家からローソクも消えてお菓子配りだけが残ってしまったようなんです。

子供達が回る家は、顔見知りの家だけではありません。元気な子は手当たり次第に訪ねて回ります。
長く函館に住んでると、「今日は七夕か・・・批難しようか」と出かけたり、玄関に鍵を掛けて居留守を使ったりするんですが、他都市からの転勤・転入してきた人達は一様に驚きます。

そりゃそうですよね、見ず知らずの子供達が多勢押し寄せてきて、いきなり玄関を開けて七夕の歌を歌いだすわけですから(笑)

でも、この近所付き合いとは言えない子供たちとの触れ合いを楽しみにしているお年よりは結構多いみたいです。

今夜も、我が家の子供たちは友達を誘って隣の校区まで遠征すると張り切ってましたが、どれだけお菓子を持って帰って来ることやら・・・(苦笑)

間もなく開戦:2009年07月03日


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月02日

今朝、市立函館高校の生徒(生徒会?)と先生が通学路にある大きな交差点に立って交通指導をしていました。

が、指導どころか単なる人形と一緒です。

自校(函館高校)のジャージを着た複数の生徒が、歩道を並走しても知らないふり。

ヘッドホンを掛けて自転車に乗ってる生徒も無視。

横断歩道の自転車レーンを走らないで、歩行者レーンを4列になって走ってるのに、先生は「オハヨー」と元気に挨拶・・・。

おまけに歩道は徐行しなきゃいけないのに、明らかに暴走してる自転車も注意しない・・・

函館高校は私服なので、名前入りのジャージでも着てなきゃ自校の生徒か否か判断つかないという問題はあるのでしょうが、他校の生徒だとしても指導すべきじゃないかなぁ。

百歩譲っても、自校の生徒のマナーというか、明らかに違反行為を注意指導できないとはどういうことなんでしょ?

そこで、私は思いました。
先生自身が交通法規を理解して無いのでは?? 
と。。。

なんだか、学校の先生の質が落ちてるようでかなしくなりました。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(6)TrackBack(0)

アクセスランキング