当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

GPSロガー

2010年05月12日

自転車にサイクルコンピュータを付けて、速度や距離などを表示されるのは楽しいですよね。一歩進んで、道程を記録したり現在地を地図で表示させようとするとGPS機能が必要になります。GPS機能があれば、現在位置の高度もある程度把握できます。さらにポタリングやサイクリングで写真を撮ろうとするとカメラも必要です。

私の場合、速度や距離・高度と気温はサイクルコンピュータのCC-AT200Wを使っています。
ポタリングやハイキングで道程を記録したい時はGPSロガーのASG-1を使ってます。
写真はキヤノンのコンパクトデジタルカメラIXY110ISか、携帯(mirumo SoftBank 934SH)のカメラ。

CC-AT200Wはステムに取り付けているので別ですが、それ以外のGPSロガー、コンデジ、携帯をヒップバッグに入れて持ち歩くと結構な重さになります。今では慣れてしまいましたが、やっぱりポタリングやサイクリングは身軽で行動したいです。

そこで「全部が一つになるようなアイテムは無いのか?」と考えたら、結局はiPhoneになってしまいました(笑)

iPhoneなら、しょぼいけどブログに載せるような写真だったら十分な性能のカメラが付いてるし、BikemateGPSというサイクルコンピュータのアプリケーションを入れれば精度の問題は残りますが速度・距離・GPSログ・さらには地図も高度も表示できます。
そして、iPhoneならメールも電話もWebももちろんOK。

カメラとサイクルコンピュータの性能は、それぞれIXY110ISとCC-AT200Wに劣りますがコンデジ、サイコン、GPSロガー、携帯電話をそれぞれ購入するよりiPhoneを一台買った方が安くつくことに今更ながら気が付きました。

去年の6月、mirumo SoftBank 934SHに機種変更する時に「iPhoneにしようかなぁ」と迷ったんですが、その当時iPhoneのアプリがそんなに素晴らしいものとは思わなかったし、mirumo SoftBank 934SHの防水機能に魅力を感じていたのでiPhoneへの機種変更はしませんでした。

今でもプールや温泉ではmirumo SoftBank 934SHの防水機能を活用してるんですが、やっぱりiPhoneにしておけば・・・と、ちょっとだけですが後悔してる部分があります。

今使ってるそれぞれのグッズに不満は全く無いのですが、不満が無いからこそiPhoneを試してみたい!と思ってるのかなぁ。

この物欲をなんとか抑えないと、そのうち使わなくなったグッズに囲まれてしまいそうです。



iPhone3GS これが、最も早くパワフルなiPhone。


iCrewレビュー(2)サイクルアプリ #BikemateGPS を試してみた。面白いけど、マッシュアップに不具合? 非常に惜しい。バージョンアップに期待だ
iphoneにBIKE MATE LITEをいれてサイクルコンピューターにする


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(6)TrackBack(1)

2010年05月04日

天気が良かったので、かねてからの懸案だった高度計の精度比較を行うため函館山に登ってきました。
比較したのは、ユピテル(YUPITERU) アウトドア スポーツ用GPSレシーバー ATLAS ASG-1と、自転車用サイクルコンピュータCATEYE ADVENTURE CC-AT200Wです。

ASG-1は、GPSからの電波を受信し内蔵のクロックを元に現在高度を計測するタイプで、大気圧や気温に影響を受ける事はありません。

対して、CC-AT200Wは基準点の高度を設定すると、それ以後は国際民間航空機構(ICAO)が定める国際標準大気を元に作られたISO2533の高度と気圧の関係から高度を導き出しています。
分かりやすく言い直すと、大気圧と気温の変化で現在の高度を計算してるわけです。したがって、急激な気圧・気温の変化(例えば台風の接近)が起こると、計測される高度の誤差が大きくなる傾向があります。

ただ大気圧方式が不正確というわけではありません。むしろ液晶画面を見ていると、ASG-1(GPS方式)の高度計測は静止状態でも±7メートル前後ブレますが、CC-AT200W(大気圧方式)では静止してて1メートル以上のブレを見たことはありません。というかブレが生じる事は滅多にありません。

飛行機に乗ってるなら別ですが、サイクリングやウォーキングで目まぐるしく高度が変化すると「いまの高度は一体何メートルなの?」って思いますよね。もっとも、1分くらい静止してるとASG-1の振れ幅も収縮してきて±2〜3メートル前後に落ち着きます。
GPSロガーASG-1で飛行中のログを取ってみました:2010年04月06日

函館山山頂の三角点さて、前置きが長くなりましたが函館山には国土地理院が定めた三等三角点が設置されています。函館山山頂の標高は334mですが、函館山(御殿山)の三等三角点の標高は332.49mです。

はこだてやま(御殿山)標高:334m(三角点332.49m)
北海道南部の三角点

意外と質素な基準点miuraさんのブログ記事によると、三等三角点は15cm角とのこと。もっとガッシリしたものを想像していたんですが、意外とシンプルです。というか、函館山には何度も登ってるのに三等三角点があることに気が付かなかったのが函館市民としてチョット恥ずかしい。。。


三角点で大気圧方式とGPS方式の高度計を比較そして、肝心の比較結果はご覧のとおり。大気圧方式のCC-AT200Wは標高340mを表示し、GPS方式のASG-1は標高333mと表示しています。が、ここで一言。先にも書きましたがASG-1の高度は静止状態でも平気でブレます。この写真を撮った時も330mから336mの範囲でブレていたことを報告します。


ASG-1もCC-AT200Wもネットの実売価格は1万3千円前後ですが、この価格でこの精度ならば測量するわけでもないので私個人としては十分満足できます。

最後に。
CC-AT200Wは自転車のスピードメーターなので、通常は自転車から取り外すと高度と気温の更新をしなくなります。しかし、手動計測モードにすることで高度と気温(あと時計も)は常時計測されて画面上に最新の値が表示されるようになります。その代りボタン電池を著しく消耗するそうです。
今回は購入時のテスト電池のまま手動計測モードで約4時間ほど山歩きしたんですが、そのあと2時間自転車で走っても電池交換のアイコンは点灯しませんでした。

【楽天で買うとポイントUP】
【送料840円無料】【お買い得商品】 キャットアイ CATEYE CC-AT200W ADVENTURE ( アドベンチャ...

▼即日発送可能!ポイント10倍【送料・代引手数料無料】【SALE】YUPITERU(ユピテル)【高感度...


【Amazonならコンビニ受け取り可能】
CATEYE ADVENTURE CC-AT200W サイクルコンピュータ

ユピテル(YUPITERU) アウトドア スポーツ用GPSレシーバー ATLAS ASG-1





自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月06日

東京ディズニーランドでGPSロガーASG-1を使ってみたのですが、当たり前ですが屋内アトラクションではGPSからの電波を拾えないため、その部分のログは曖昧な物になりました。

ビッグサンダー・マウンテンのログしかし、ビッグサンダー・マウンテンのように屋外のアトラクションではご覧のようにログが取れました。このログによるとビッグサンダー・マウンテンの最高速度は36キロを記録してました。

ただ残念なことに、ログの記録間隔を1秒単位にしていたためと、何度もトンネル(屋内)を出入りして断続的にGPSからの電波が途絶えるためか、直線の多い軌跡になってしまいました。速度のあるアトラクションではログの記録間隔を1秒間隔ではなく、1m単位にしたほうがよかったかな?
でも、GPSの精度を考えると1m単位ってのは無意味だしブレが大きくなって軌跡を読み取り辛くなるかもしれないし・・・難しいなあ。

しかし、ディズニーランド内を如何に無節操に歩き回ってたかがよく分かるログになりましたよ(笑)
いちおう、本人たちは「次は何々に乗りたいから」という目的意識を持って最短距離を移動していたハズなんですけどね。

その他、ホテルからディズニーランドまでのバスがどのような経路で運転されているかも地図で確認する事ができました。
知らない土地でバスや電車に乗ると「どこを走ってるのかな?」と疑問に思う時がありますが、GPSロガーを持っていれば確認する事が容易に出来ます。

格安GPSロガー(GPSレシーバー)の口コミを調べて比較してみた:2010年02月09日

楽天カードでユピテルのGPSレシーバー ASG-1を買えば、楽天のポイントが2倍です。

Amazonでユピテル(YUPITERU) アウトドア スポーツ用GPSレシーバー ATLAS ASG-1を買えば、コンビニで受け取りすることも出来ます。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(1)TrackBack(0)
先日、ディズニーランドへ行く時にGPSロガーASG-1を携帯して飛行中のログを取る事ができました。

ASG-1による飛行中のログ離着陸時は全ての電子機器の電源を切らなきゃいけないのでログは途中から記録されています。結果は、ご覧のように多少のブレが出ていますが、概ね良好なログを取る事ができました。
画面右が高度(青線)と速度(緑線)のグラフです。上昇中は速度も上昇し、水平飛行に移ってからは燃費の良い巡航速度まで速度を落としているのがわかりますね。


私の座席は窓から2番目で、ログ採取中はASG-1を息子が座っている窓側のシートポケットにおいて置きましたが、飛行中に電波を拾い損ねる事も無く期待通りのログが採取できました。

飛行ログを取って何するの?と聞かれると答えに困るんですが、大人のおもちゃとしてこういう電子機器は面白いと思います。

お金があって、ディズニークルーズや飛鳥のような豪華客船に乗るときがあれば、見渡す限り一面海でもGPSロガーでどこを航海してるか分かって楽しそうです。

さて今回までで、街中のウォーキング、トンネルを含めた自動車での移動、飛行機での移動でGPSロガーASG-1の性能を調べてみましたが、多少の測定誤差はあるものの軌跡が大きくぶれたりすることも無く個人用途では十分に使える事が分かりました。

今後は、函館山にハイキングに出かけたり、大沼までサイクリングするときに身に着けていって更なる検証をしてみたいと思います。

格安GPSロガー(GPSレシーバー)の口コミを調べて比較してみた:2010年02月09日

楽天カードでユピテルのGPSレシーバー ASG-1を買えば、楽天のポイントが2倍です。

Amazonでユピテル(YUPITERU) アウトドア スポーツ用GPSレシーバー ATLAS ASG-1を買えば、コンビニで受け取りすることも出来ます。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月30日

先日、洞爺に泊まった際にGPSロガーASG-1をお供に連れて行きました。
函館からは車の移動で、ASG-1のログ記録間隔は1分に設定していました。

開けた道、崖の迫った海岸沿い、山間部、色々な所を走りましたがトンネル以外で電波が途切れる事はありませんでした。

さすがにトンネルの中ではGPSからの電波を拾えず、トンネルに入って数秒で速度や高度などが表示されなくなりました。しかしトンネルから出るとやはり数秒でGPSの電波を拾いだし、速度も高度も自動的に表示が復旧します。

三豊トンネル・青葉トンネルASG-1のログを地図上に表示する無料ソフトATLASTOURにログを読み込ませてトンネルの前後のログを表示させた所、ご覧のようになりました。

この場所は洞爺湖町の国道230号線で、洞爺湖町海岸から洞爺湖温泉街に抜ける2つの連続したトンネルです。この2つのトンネルは、2000年の有珠山噴火によって寸断された洞爺湖温泉街に至るルートに替わって2007年3月28日に開通した新ルートです。
三豊トンネルは全長1970m、青葉トンネルは全長1719mで、ASG-1の記録によると海岸側は標高16メートルでトンネルに入り、洞爺湖側の標高86メートルに出てきます。

有珠山は数十年ごとに噴火を繰り返す活火山です。前回は噴火予知に成功し多くの町民の命を救うことが出来ました。しかし噴火によって国道は寸断され建物も火山灰や泥流に飲み込まれてしまいました。同町は、完全な災害復旧を諦め被害に遭った現場をそのまま保存することにして、噴火の恐ろしさを後世に伝えることにしました。
その結果、2009年8月22日に洞爺湖・有珠山は、地球科学的に見て貴重な特徴を持つ地域を含む自然公園(ジオパーク)として世界ジオパークネットワーク (GGN)に認定されました。

さて、ASG-1に話を戻しましょう。
ATLASTOURでは、電波の拾えなかったトンネルの中は電波の中断点を直線で結んで表現しているようです。ま、直線で強引に結ぶか表示しないかのどちらかしか方法は無いので仕方が無いでしょう。

水面下を走る高度に関する誤差ですが、ほぼ高低差の無い海岸沿いを走ってるのに時折水面下(高度がマイナスで表示)を走ってる事になってたり、いつのまにかプラスに戻っていたりと振れ幅が10メートル近くあるような感じがしました。かといって、峠を登ってるのに下ってるような表示になる事は無かったし、ATLASTOURでログを見ても上りはきちんと上りでグラフに作図されてました。

バッテリーの持ちですが前日にフル充電、往路は7時間程、復路は帰宅してから電源を切り忘れて11時間程点けっ放しでしたが、バッテリー残量計の目盛りはフル充電時の状態と同じでした。その間は終始ログ採取間隔を1秒でした。

近日中に飛行機に乗る機会が有りそうなので、その時は普通じゃありえない高度の変化や速度についてレポートできると思います。

格安GPSロガー(GPSレシーバー)の口コミを調べて比較してみた:2010年02月09日

楽天カードでユピテルのGPSレシーバー ASG-1を買えば、楽天のポイントが2倍です。

Amazonでユピテル(YUPITERU) アウトドア スポーツ用GPSレシーバー ATLAS ASG-1を買えば、コンビニで受け取りすることも出来ます。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

アクセスランキング