当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

空気入れ

2012年03月08日

雪が解けてきたのでそろそろ自転車のメンテナンスを始めたいので、自分の復習を兼ねて過去記事からママチャリ、シティーサイクル、ルック車、クロスバイクのメンテナンス方法を数日かけて改めて紹介します。

まずはタイヤに空気を入れる場合です。たとえママチャリでも空気が足りないタイヤで走っているとパンクしやすいので1か月に1回、特に春先の自転車事始め?には必ずタイヤに空気を補充しましょう。

空気を補充するにはタイヤ毎に適正空気圧が定められているので、空気圧の測れる空気入れを使う場合はタイヤ側面に刻まれた適正空気圧を参考にしてください。
タイヤの適正空気圧はどこで分かるのか?:2009年05月11日

空気圧が測れる空気入れが無い場合は、ママチャリ、シティーサイクル、ルック車ならタイヤ側面を指でギュッと挟んでタイヤがほんの少し凹むくらいまで空気を入れます。

クロスバイクの場合は概ね6bar以上の空気圧(ママチャリ、シティサイクル、ルック車では4.5barが一般的)が必要になり、空気圧の測れない空気入れではそこまで高圧の空気が入りません。
またクロスバイクの場合は空気を入れる口金部分がママチャリやシティーサイクル、ルック車で使ってる英式、マウンテンバイクなどで一般的な米式、ロードバイクなどで使われる仏式の3種類が混在してますのでご注意ください。
米式・仏式・英式対応のフロアポンプGIYO GF-55Pのクレーバーバルブ:2008年08月19日


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月24日

去年の10月に買った携帯空気入れの「GIYO マイクロフロアポンプ GM07」(テールライトを買ったついでにGIYOの携帯ポンプGM07まで買っちゃいました:2008年10月02日)のステンレス製台座部分が錆びてたので、バンドブレーキを磨く(ママチャリのブレーキ鳴きを止める方法:2008年08月18日)際に購入したサビ落としで磨いてみました。

このサビ落とし、ブログに書いてあるように購入目的は「ママチャリの後ブレーキのブレーキ鳴き」を止める為だったんですが、やっと本来の目的に使うことが出来ました(笑)
あまり嬉しい理由ではないですけどネ。

サビ落とし前のGIYO GM07マイクロフロアポンプさて、サビ落としの前のGIYO マイクロフロアポンプ GM07はご覧の通りで、ポンピングの際にポンプを足で踏んで固定するための折りたたみ式ステンレス製台座の部分がサビてます。
突然の雨降りや水溜りを走った後は、フレームやギアなどを極力水分をふき取ってクリーニングしてるんですが、フレームに固定しっ放しのポンプは盲点でした。
機能的には問題ないんですが、やっぱりかっこ悪いのでホームセンターで購入したサビ落としで磨く事にしました。


サビ落とし後のGIYO GM07マイクロフロアポンプで、小一時間ほどサビ落としを着けたタオルで磨き上げた結果がこの写真。
サビは落ちたんですが、ステンレスの性質上若干黒ずみが残りました。サビ落としの説明書によると、黒ずみが取れるまで磨け!とあるんですが、歳のせい!?か腕がだるくなって断念(苦笑)
まぁ、これでも遠目にはサビが目立たなくなったしいいかな・・・って感じです。


ついでに、いつでも乗り納めが出来るようにフレームにワックスを掛けてあげました。
しかし、ここでまたしても目にしたくないものを目にしてしまいました。。。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月09日

新聞の天気予報が雨だったんですが、今朝は青空が広がっていて気温も5度。ジテツーしてる人が多いのを見て、オレもジテツーにすればよかったかな?とチョット後悔した朝でした。

さて、昨日は自転車を保管するときに空気を抜くか?という記事を書いたので、今日は空気入れについて書いてみようかな。

自転車の空気を入れる口金部分は、大きく分けて
  • 仏式(フレンチバルブ[French valve]又はプレスタバルブ[Presta valve])
  • 米式(シュレッダーバルブ[Schrader valve])
  • 英式(ウッズバルブ[Woods valve]又はダンロップバルブ[Dunlop valve])
となっています。

仏式は、平坦な道を早く走る自転車(ロードバイクなど)に使われています。
米式は、自動車のタイヤの他に、マウンテンバイク(MTB)に使われています。
英式は、ママチャリやシティサイクル、ルック車や一部のMTBで使われていて、日本ではごく一般的なものです。

それぞれのバルブ形状には互換性が無いので、基本的に空気入れはバルブ形状に合った物を使う事になります。

しかし、互換性を補うアダプター(通称トンボ口)を使うと、米式に対応した空気入れで英式バルブに接続できるようになります。
ホームセンターなどでは、車のタイヤにも対応するために口金は米式で、別にトンボ口を付けて売っている物が多いようです。

ところで、空気入れには空気圧を計るゲージが付いているものがあります。
ママチャリなどでは、『タイヤを指で押して潰れないくらい』と、とてもアバウトな空気の入れ方をしていましたが、安価な中国製自転車でも適正空気圧(タイヤのサイドに刻まれています)というものがあります。

空気圧が低すぎるとパンクの回数が増えますし、高すぎると路面の凸凹を拾いすぎて乗り心地が悪くなります。しかも、空気は自然に抜けてくるので月に一回は補充してあげたいです。ゲージ付きの空気入れは、それほど高価なものではないので、自転車通勤しているなら買っても損はしないですよ。

余談ですが、英式バルブの空気の流れは一方通行。
自動車などで使う空気圧計はバルブに挿して逆流してくる空気を測定しているので、空気が逆流しない英式バルブでは構造上空気圧が測定できません。

では、空気入れのゲージは何の圧を計っているのか?

実は、ホース内の内圧を測っているので英式でも測定できるんです。
ただしタイヤ内の空気圧ではない(ホースをバルブに挿しただけではゲージは動かない)ので厳密な意味での空気圧ではありません。が、しかし自転車の空気圧ならば0.1bar違っても全然問題にはならないでしょう。

あっ、クルマで一時流行った窒素ガス。
一般的な宣伝文句は、
  • 乗り心地が良くなる
  • タイヤの騒音が静かになる
  • 熱による膨張が少なくなるのでバーストしにくくなる
  • 燃費がよくなる(漕ぎ心地が軽くなる?)
だったような気がします。

ですが、シティサイクルのタイヤに入れても効果を感じませんでした。
今では、窒素ガスの効果自体が否定されていますが、当時は『最先端の節約術』と思って、ニコニコしながらスタンドに自転車を持っていったんですがねぇ。
参考サイトタイヤの窒素ガスって効果あんの?


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月05日

昨日のブレーキ片効きは、貫通ボルトなんかを色々と調整してなんとか解決。

で、午後からは暇そうな子供を誘ってポタリング。

適当にアップダウンのある道を片道20キロ走ってきました。

携帯ポンプとパンク修理道具一式の入ったサドルバッグのお陰で、なんの心配も無くロングライドが楽しめました。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月02日

昨日、普段通らない道を走っていたら1円パチンコの看板が目に付いて、フラフラと入ってしまいました。
パチンコなんて20年ぶりくらいなので、確変って言葉は聴いたことがあるけど意味はサッパリ(笑)
しかし、1円パチンコなら500円もあれば遊べるだろうし、仕事も早く終わってヒマだったのでちょっと遊んでみようかなって気持ちだったんです。

そしたら、30分ほどで2千円ほどになったので早々に切り上げて市内のスポーツ用品点へ向かいました。隣に座っていたオバちゃんが、オレが止めた後の台に移っていたのでもしかしたらまだ出たのかもしれませんが、欲深くなるとロクなことになりませんのでネ。
スポーツ洋品店に向かった目的は、TOPEAKエアロウエッジ(ストラップタイプ)Mサイズの背面に付けるTOPEAKのテールライト「レッドライト」の購入。

なぜテールライトを買う気になったか?
実は、オレの住んでいる街から大沼国定公園までの間には1キロほどのトンネルがあるんです。そのトンネルを5年位前にママチャリで通ったんですが、歩道を走っていても背後から迫ってくる車が怖く感じました。
で、今年CS3400を入手したのでいつかまたトンネルを通って大沼まで行きたいなぁと思っていたんです。
そして、サドルバッグを買うときに、赤いテールライトがあればトンネルでも目立つよな!と思い、買おうかどうか迷ってたんですが、結局今年はもう寒くなったので買うのは来年でも遅く無いと考えて購入を見送りました。

それと、オレの秋冬物のジャンパーは黒、ズボンも秋冬は暗めの色なので会社の帰りはテールライトをピカピカさせたほうが安全だと思ったのも購入を決意した理由のひとつ。

さて、「レッドライト」はスグに見つかったので、それを手にしながら自転車コーナーを一回り。
ROCK4500を見て「この太いタイヤをスパイクに履き替えたら冬も通勤できるなぁ」とか、地味な色合いしか残っていないtimbuk2のメッセンジャーバッグを見ながら「新色が出たら欲しいなぁ」と色々と物欲が湧き出てきました。
そして、ポンプコーナーを見てたら「GIYO マイクロフロアポンプ GM07」が目に入りました。何気に手にとって取り付け方法を見たら、ボトルゲージ直付台座へのゼロ角度マウントとなってるじゃないですか!

オレが以前買った空気圧ゲージ付きの携帯ポンプ「Beam XOP Portable Floor Pump」ワイヤーロックの取り付け位置に小一時間悩む:2008年09月10日)は、ボトルケージにブラケットを取り付けるのは一緒ですが、ボトルケージを取り付けれるようにフレームのサイドに出っ張ってポンプを固定するタイプ。
したがってスラックスや裾幅のあるズボンだと、裾止めバンドで裾を押さえてもポンプにズボンの裾が引っかかる事があったんです。そんな理由で、サドルバッグを買う時にバッグの底面に携帯ポンプをぶら下げるゴムバンドが付いているエアロウエッジ(ストラップタイプ)Mサイズを買ったんですが、先日の記事(CS3400にエアロウエッジM(ストラップタイプ)を取り付けました:2008年09月30日)にあるように「Beam XOP Portable Floor Pump」は携帯ポンプにしては大柄(その分、空気は入れ易い)なので、ポンプをぶら下げると先っちょがハミ出て少しカッコワルイ。

ポタリング中の水分補給は、コンビニか自販機で済ませているのでボトルケージが不要なオレには、「GIYO マイクロフロアポンプ GM07」のボトルゲージ直付台座へのゼロ角度マウントは魅力的。というか、オレが欲しかったのはコレだ!
ということで、英式バルブには対応していないのに衝動買い(笑)
というか、米式バルブに対応しているなら、トンボ口を挟めば英式バルブにも使えるので深くは考えなかった。

スポーツ用品店を出て、その場で「レッドライト」を装着。フラッシュ(点滅)モードは夜道でかなり目立ちました。
そして、家に帰って「GIYO マイクロフロアポンプ GM07」をCS3400に取り付けました。
「あぉー、コレだよ、コレ!」って、一人でニヤニヤ。

トンボ口を使って実際に空気を入れてみましたが、「Beam XOP Portable Floor Pump」に比べるとポンプ自体が小柄なので若干力が要りますが英式バルブでも問題無く注入できました。
何気圧まで入れたかゲージが付いていないので手で触った感触を頼りにそろそろ6barかな?って所で注入を一旦止めて、ゲージの付いている「GIYO GF-55P」で一度ポンピングしてみたら4.5bar(苦笑)
ま、通勤や市内近郊のポタリングでパンクした時の緊急用なので、4.5barも入れば十分すぎるでしょ。

さぁ、これで心置きなく大沼までのポタリングにチャレンジできるぞ!


携帯ポンプとテールライトレッドアイもGM07も日本語の説明は一切無し(笑)
でも、絵を見れば取り付け方も使い方も理解できます。


トンボ口は別ポンプからアームが伸びて、アームからホースが伸びるので地面に置いて比較的楽にポンピングできます。


取り付けクランクにも干渉しないしズボンの裾が引っかかる心配も無いゼロ角度マウント。


テールライトサドルバッグの背面にサクッと差し込むだけ。底面のボタンで点灯→点滅→消灯の繰り返し。電池はボタン電池2個で点灯モード60時間可能。




  • topeak(トピーク) レッドライト
    TOPEAKエアロウエッジ(ストラップタイプ)M・Lサイズに取り付けれる点滅・点灯モードの切り替えが出来る赤色ランプ。もちろんシートポストやフレーム(楕円フレームでもOK)に取り付けるブラケットも添付されてます。




  • GIYO GM07マイクロフロアポンプ
    OEM生産で磨き上げられたGIYOクオリティー。今ならトンボ口が付いています。





【追記】
topeak(トピーク) レッドライトが暗い(2009年09月03日)
新色が登場してます。


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

アクセスランキング