当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

CATEYE

2010年05月21日

桜も終わり、日に日に暖かくなってきました。今朝なんて、自転車で通勤してても半袖でもいいかな?と思えるくらいの暖かさです。

さて、高度計が欲しくて買ったCC-AT200Wですが、このところ目が行くのは温度計の方です^^;

寒い日に温度計を見るとますます寒くなるので極力見ないようにしていたんですが、背中が汗ばむくらいの陽気だと「いったい、今何度あるの?」って気になります。

腕時計内蔵の温度計は体温を拾うので正確さに欠けるらしいですが、CC-AT200Wはブラケットに装着してるので体温を拾うことはありません。

今朝も、道路沿いの看板に取り付けられてる温度計とCC-AT200Wの温度計が同じ温度を指してるのを見て「おぉ、当たってるじゃないか!」と当たり前のことに感動してしまいました^^

高度計も温度計も無くても構わない物(そういう意味ではサイコンそのものが通勤やポタリングじゃ不要ですね)ですが、有ればあったで自転車に乗る楽しみが増えます。



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(2)TrackBack(0)

2010年04月30日

昨日、雨の合間を縫って小一時間ほどポタリングしてきました。ポタリングの目的は、CC-AT200Wの高度計と気温の精度?を調べるためです。

まずは海岸までダッシュで走ってCC-AT200Wの海抜高度を設定。
波打ち際まで行って「高度0m」と入れたかったんですが、立待ち岬で船が座礁するほど波が高かったので堤防で海面からの高さを目測で設定しました。

次に、自宅までダッシュで走りCC-AT200WにHOME標高を設定。このブログでも何度か書いてる自宅までの1キロ超の坂道で、CC-AT200Wの高度計は時を刻むかのように数値が上がっていきました。身体には全然感じない大気圧で、ここまで微妙な高度を測定できるのか!?とちょっとビックリでした。

さて、これで次回からは走り出す前にCC-AT200Wのショートカット機能でHOME標高を呼び出せば、毎回海岸まで走って標高を入力する必要がなくなります。

で、今朝。
道路はまだ濡れてましたが雨は止んでいたので、朝食前に30分ほど走ろうと思いCS3400に跨ったら、CC-AT200Wの高度計には前日設定したHOME高度の数値が表示されてました。

昨日とだいぶ気圧が違うし気温も全然違うはずだけど・・・?

そこでCC-AT200Wのマニュアルの中の一文を思い出しました。

「高度計測は、停車中は更新されません」

つまり、前日自宅でHOME高度を設定したまま走るのを止めたので、気圧や気温が変化しても今朝まで数値はそのまま残っていた(更新されなかった)わけです。

ってことは、乗る前にショートカットでHOME高度を設定するより、帰宅したらHOME高度を設定して自転車を仕舞えば次に乗るときスグに走り出せるということですね。

さて、話を戻して今朝。
HOME高度(自宅の高度)を設定してる場合、自宅から少し走って帰宅したら高度はHOME高度になるのか?を試してみました。
自宅前の1キロ超の坂道(標高差40メートル)を3往復して帰宅してCC-AT200Wの高度計をチェックしたらHOME高度に設定した数値がズバリ表示されてました。

時間にして30分ほどだったのでCC-AT200Wの高度計のレビューとしては物足りませんが、思っていた以上に高度計の精度が高かったので嬉しいです。

CC-AT200Wの値段は1万円以上と安くはありませんでしたが、高度計と気温が常時表示されてるので今まで以上にポタリングが楽しくなると思うと「買ってよかった!」というのが今の感想です。


楽天だと【送料840円無料】【お買い得商品】 キャットアイ CATEYE CC-AT200W ADVENTURE ( アドベンチャ...

AmazonでCATEYE ADVENTURE CC-AT200Wを買えばコンビニで受け取り可能です。

CC-AT200Wの関連記事一覧


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月28日

今日は朝から雨で、車通勤です。せっかくCC-AT200Wの性能を確かめようと思っていたのに無念!

さて先日のブログで、ブラケットからCC-AT200Wを取り外して手動計測にしたら高度と気温は更新されるのか?という質問に対して、メーカーのCATEYEから返答があったことを書きました。
CC-AT200Wを取り外しても高度と気温は測定される?:2010年04月20日

で、今朝CC-AT200Wを手動測定モードにして通勤したら、液晶画面で高度が更新され続けることが確認できました。
GPSロガーのASG-1も同時に高度を表示させていたのですが、ASG-1の場合はかなり小刻みに高度が更新されます。対してCC-AT200Wの更新頻度は数秒に1回くらいかな。

自転車に取り付けた場合は、頻繁に数字が変化しないCC-AT200Wのほうが視認性が良いような気がします。

肝心の精度ですが、CC-AT200Wの海抜高度設定を適当に済ませてるのでなんともいえませんが、ASG-1で高度が下がればCC-AT200Wも高度が下がったことを確認できました。

気温ですが、今日のように寒い日に部屋の中から外に出ても、CC-AT200Wの気温表示はゆっくりとしか更新されません。だいたい3分位経つと更新されることもなくなり安定しました。

マニュアルの出来は、いつものCATEYEレベル(苦笑)
ま、色々試してると自然と覚えるので心配は要りません。

明日も雨の予報なので、またまたCC-AT200Wのレビューは延期になりそうです。せっかく予定より早く入手できたのに、これじゃ欲求不満になるばかりです(笑)





楽天で買うCC-AT200Wは1万2千円前後。

AmazonでCATEYE ADVENTURE CC-AT200Wを買えばコンビニで受け取り可能です。

GPSロガーASG-1を使った感想をまとめた:2010年03月23日

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月27日

昨日、CC-AT200Wが配達店に到着したというので引き取りに行きました。
しかし残業やら何やらで帰宅が遅くなったので、今朝早起きして開封。


外箱CC-AT200Wの外箱は意外とコンパクトです。他の方のブログ記事なんかを見てて「随分大きな箱だなぁ」って思ってたんですが、ご覧のようなザイズです。


大きさ右端のサイコンは、今まで使ってきたCC-ED300です。CC-AT200Wの大きさはCC-ED300とさほど変わらず、センサー部分も思っていた以上に小さいです。ワイヤレス式のサイコンは初めてなので、センサー部分の大きさが気になっていたんですが気にすることは全然無い大きさでした。


その他、ビニール袋の中にブラケットやら各国語の説明書が入っていたんですが、何故か中国語だけが袋に入れられずに箱の中に無造作に折りたたまれていました。

どれどれ、設定を・・・と思って袋に入っていない説明書を取り出したら、読めそうで読めなくて「アレッ?」と思ってしまいました(笑)

さて、明日はサスペンションに固定しているCC-ED300のセンサーを取り外して、CC-AT200Wのセンサーを取り付けなきゃ。
しかし明日の天気予報は雨!晴れなら有休とって高度計の設置に海辺に行く所なんですが・・・




楽天で買うCC-AT200Wは1万2千円前後。

AmazonでCATEYE ADVENTURE CC-AT200Wを買えばコンビニで受け取り可能です。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月23日

16日のブログに書いた出荷予定日(26日予定)が繰り上がって、昨日出荷されたと楽天のショップからメールが来てました。

日曜日か月曜日には商品を受け取る事ができそうです。

けど、ずいぶん早く出荷してくれたなぁ。

これは神様が「早くCC-AT200Wのレビューを書け!」と催促してるんだろうか!?

嬉しいけど、来週も天気がスッキリしなくて存分に走れなさそうなんですよ。

CC-AT200Wの売れ行き好調?品薄で入荷が遅れてるようです:2010年04月16日



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

アクセスランキング