当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

CS3400

2012年04月20日

クロスバイクのリア周りから不規則にキュルキュル音が聞こえてきたのでリアディレーラーを掃除しました。

ペダルを漕ぐと鳴るので異音の原因は駆動系だろうなと思いディレーラーを分解してみると、油かすみたいなのがガイドプーリーとテンションプーリーの葉の隙間にこびりついてました。パーツクリーナーを吹きかけても全然解け落ちないのでマイナスドライバーでこすり落としましたが、一年分の汚れの頑固さに驚きました^^;

ディレーラーというかプーリーなんてバラすと組み立てが面倒なのであまり触りたくない箇所です。
シティサイクルなどでお馴染みの外装6段もディレーラーの構造は同じなので油かすがこびりついてるのですが、シティサイクルの場合クイックでリアタイヤが外せないのでプーリーの分解は出来ても組み立てはかなり面倒な作業になりそうです。

結局シティサイクルのプーリー掃除はマイナスドライバーのお世話になりました。本当は分解してグリスを塗りたかったんですが・・・
IMG_20120418_121941

プーリーの軸に油を挿すとグリスが流れ落ちて頻繁に注油しなきゃいけなくなるのでなんとか分解しなくてもグリスを塗る方法を考えたいです。



自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月17日

先日交換したシュワルベ マラソン クロス(クロスバイクのタイヤを太くしました:2011年11月11日)ですが、初雪の中や小雨の中を走ったのでそろそろ感想を書いてみたいと思います。

まず心配していた漕ぎ心地、つまり35から38と太いタイヤに変えたことで重くならなかったのか?理論的には重くなるはずですが、CS3400の標準タイヤ(KENDA700cX35)がいいものではなかったせいか、マラソンは重く感じるどころか軽く感じさえしました(笑)
まぁ先入観や期待感などにより錯覚?かもしれませんが、すくなくとも重く感じることはありませんでした。

ロードノイズですが、KENDAで車道を走るとゴーーーーッという音がしたんですが、SCHWALB MARATHON CROSSだとサーーーッと音になってKENDAより静かになりました。SCHWALBのブロックパターンを初めて見たときに「大きくて固そうで音がうるさそう」と思ったんですけど意外にも静かで驚きました。

次にグリップ性能ですけど、これは間違いなくSCHWALB MARATHON CROSSの方が上です。濡れた点字ブロックの上、雨上がりのマンホールの上、雪が積もった横断歩道の白い部分、どこを走ってもグリップを失うことはありませんでした。KENDAだと点字ブロックの上なんて乾燥してても鈍角で乗り越えないとズルッっと滑るんですよね(苦笑)

最後に。
35から38へタイヤを太くしたら乗り心地はよくなるのか?歩道の段差、マンホールの段差、排水溝の蓋、どれも乗り越えた時のショックが丸くなって角が取れた感じがしました。

例えば、KENDAでマンホールを乗り越えるとガタンッ!という感じだったのが、SCHWALB MARATHON CROSSだとコトン♪という感じなんです。言葉で説明するのは難しいのですが、とにかく素人の私でさえ分かる程度にマイルドな乗り心地になりました。

根雪になるまでの短い間ですが、防寒をしっかりしてSCHWALB MARATHON CROSSの履き心地をもうしばらく満喫したいと思います。

SCHWALB MARATHON CROSS

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月11日

朝、通勤に出かけようとしたら久しぶりにリアの空気が抜けてました。ポンプで空気を入れたらバルブのあたりからシューというエア漏れの音がしてました。「ありゃ、虫ゴムがダメになったのかな?」と思ってパンク修理はしないで予備のチューブに交換して空気を入れ始めたら、突然パーン!という破裂音が・・・チューブが破裂しました。

とりあえずその日は車で通勤し帰宅後にメンテナンスをしたんですが、まずはエア漏れの原因。
結論から言うと虫ゴムやバルブに異常があったのではなく、普通にチューブがパンクしてました。が、問題は空気がシューシューとタイヤの外に景気よく漏れてくること!
タイヤをよく見たら、バルブの近くでタイヤのひび割れが大きくなっていてそこからエアが漏れてました。

新車でクロスバイクCS3400)を購入してからのタイヤなので寿命かな?とにかくこのままひび割れたタイヤを使っていたのではチューブがいくらあっても足りないのでタイヤを交換することにしました。
ついでにフロントも交換することにしてスポーツ用品店で品定めしてたら、700cX38のタイヤが2本ありました。しかもシュワルベ(SCHWALB)のマラソン(Marathon)です。

以前から太いタイヤに交換したいと思ってたのでこのサイズが2本揃ってたのはチャンスです。前後で買うとちょっと高いですが、シュワルベのマラソンは自転車ツーキニストのブログなどで耐久性など高い評価を得てるし買っちゃえ!と勢いで購入しました(笑)

そしてチューブ。予備チューブが破裂したのでついでに予備チューブも1本・・・と思ったんですが、せっかくタイヤを新調することにしたので大奮発してシュワルベのチューブを2本買ってパンクしたチューブを予備に回すことにしました(苦笑)

ところで破裂したチューブですが、買ってからサドルバッグに入れっぱなしにしてたので折り目が付いてしまってたようなんです。破裂した場所を調べてみたら折り目に沿って破裂してました。折り目が付かないようにたまには予備チューブも履かなきゃダメなんでしょうか。

まだチューブ&タイヤ交換して自宅の周りを少し走っただけなので、後日タイヤを太くしたときの乗り心地や漕ぎ心地?などを書いてみたいと思います。


シュワルベ マラソン クロス(SCHWALB MARATHON CROSS)の感想:2011年11月17日

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(2)TrackBack(0)

2011年08月30日

春先に子供の進学祝で通学用のママチャリを買いました。お店の人に「いままでの自転車は重くて大変だったので軽い自転車がほしい」と言ったら、お勧めしてくれたのがブリヂストンのCarusa(カルーサ)でした。

今まではホームセンターで買った1万円ほどのママチャリだったので、2万円を超えるカルーサには「ママチャリに2万円?」と少し悩んだんですが、お店の人も太鼓判を押すし内装3段が装備されてるのでいままでの無段変速よりは使い勝手もいいだろうと思って決断しました。

子供の評価は上々どころか、こんなに軽くて楽なら一日中乗っててもいい!とベタ褒め状態でした。普段クロスバイク(CS3400)に乗ってる私は「軽いといってもしょせんはママチャリ。でも喜んでるならよかったか」と軽く流してました。

ところが昨日、たまたま近くのスーパーに買い物に行くのにカルーサを借りて乗ったらビックリ!
明らかにホームセンターで売ってる安物よりこぎ心地というかペダルが軽くて、CS3400並みにスイスイと坂道を登れるんです。
しかも驚いたことに、ダイナモライトを点灯させてもペダルの軽さは1.1倍くらい重くなったかな?と感じる程度。ダイナモを回してもホームセンターの安物ママチャリより明らかに軽い!

ファッション性とか見栄えを気にせずに普段の通勤・通学・買い物用の自転車として使うなら、アルミフレームで軽くて錆にも強くカゴも着いてるカルーサは超お勧めです。

私も、大きくてクッション性の優れたサドルと、低圧高耐久タイヤで乗り心地の柔らかいカルーサなら毎日通勤してもいいかな?と思ってるくらいです(笑)

ブリヂストンのCarusa(カルーサ):2011年09月07日


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月12日

ある日、通勤しようと自転車を物置から出したらリアのエアが抜けてました。いわゆるパンクです^^;
エアの抜けたリアタイヤ
たまたま翌日は休日だったので、朝からサドルバッグ(CS3400にエアロウエッジM(ストラップタイプ)を取り付けました:2008年09月30日)に入れてあったダイソー(100均)のパンク修理キットを使ってパンク修理。


リアを外すまずはリアのVブレーキを解除してからクイックを外してリアタイヤを抜きます。


チューブを水に浸けてパンクの穴探し次にタイヤチューブを取り出して、水の入ったバケツに入れてポンプでエアを注入しながら空気漏れの箇所を探します。


パンクの位置が特定できたらマーキング場所が特定できたら、穴を見失わないようにマーキングします。
マジックでもいいんですが、自転車屋のオヤジなんかは爪楊枝を刺して使ってますね^^


パッチを擦って圧着する穴の周りをよく拭いてからパンク修理キットの紙ヤスリでパッチを貼る部分をゴシゴシ擦ります。それからパンク修理キットのボンドを塗って少し乾くまで放置。乾いてきたらパッチを貼ってプライヤーの柄などで擦って圧着。


保護シールを剥がしてパンク修理は完了圧着できたら保護シールを外してパンク修理は完了^^




ま、かなり大雑把ですが初のパンク修理の手順はこんなものでした。
本当は予備のチューブがあるからチューブ交換してジテツーできたんでしょうけど・・・

ところで、自転車も量販店で売ってる1万円以下のものから数十万円の高級車までとピンキリです。
では、パッチはどうか?

やはりパッチにも高級品が有るようですが、多くのローディーさんが指摘してるのは価格よりもパッチの薄さが重要だとか。
あまり厚いパッチを貼ると、28c以下の細いタイヤではタイヤが回転した時にパッチのゴツゴツ感が伝わってくるらしいです。

まぁ、ママチャリを含めて私のクロスバイク(35c)などでは100均のパンク修理キットで十分間に合いそうです。パンク修理から3ヶ月以上経ちますが、6barの空気圧で走っててもなんともないし、タイヤが太いのか私が鈍いのかわかりませんがゴツゴツ感も感じないですし^^;


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

アクセスランキング