当ブログのキャッシングの明細が送られてこないクレジットカード:2012年02月21日もご覧ください。
自転車のメンテナンスで役立つ記事をピックアップ
記事カテゴリー:mirumo SoftBank 934SH
記事カテゴリー:GPSロガー
記事カテゴリー:CC-AT200W

当ブログへのリンク、TBはご自由にどうぞ。
また、自転車、北海道・函館関連の相互リンクも募集中です!コメント、メッセ、メールでお問い合わせください。
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 報酬が1円から支払いされるリンクシェアは満足度No.1
アウトドア&フィッシング ナチュラム 有名ブランドや人気の車種が勢揃い!

MERIDA

2010年03月01日

いよいよ3月に入り北海道も春の気配が感じられるようになりました。
来月には新しい学校や会社に通勤通学する人もでてくるせいか、自転車の売れ行きが好調みたいですね。

私がちょくちょく巡回してる自転車ブロガーさん達も、各メーカーの新車が出揃うこの時期に二台目・三台目の自転車を購入してる方が多いみたいです。そして私も今年こそはMTBが欲しいんですが、女房の視線が気になって購入に踏み切れていません。仕方が無いのでヒマがあればネットで新車のカタログや口コミを読んでお茶を濁しています(笑)

ところで私がMTBを欲しがる理由は、エアボリュームのある太目のタイヤなら歩道やマンホールの段差を乗り越えたときに起こる路面からのショック(突き上げ感)が柔らかくなるからです。

実際我が家のルック車のほうが私が通勤に使ってるGIANT CS3400よりも乗り心地が柔らかなんです。(カチカチに空気を入れたGIANT CS3400は、フロントサスがあるにもかかわらずママチャリよりも路面のゴツゴツ感を拾います)

そんなわけで、私としてはエアボリュームさえ有ればいいのでMTBに外観だけ似ているルック車だって構いません。むしろ山道や林道を走るんわけじゃないので5万円以上もする高価なMTBじゃなく、2万円以下で買えるルック車のほうが目的に適ってる気がします。

そんな思いでいつものように楽天を眺めていたら700×47Cという極太タイヤを履いたクロスバイクを見つけました。それがKONA SMOKEです。

47Cのタイヤ幅はMTB的に言うと約1.9インチです。一般的なルック車が履いてるタイヤ幅は1.95インチなので太さ的にはと同等です。つまりKONA SMOKEは、MTBのタイヤを履いた街乗りクロスバイク!(ちなみに普通のMTBは2.1インチが主流)

フロント3段xリア8段の24段変速で、シフターは私のCS3400と同じSram MRX。気になるお値段は、送料込みの税込み46000円前後みたいです。

KONA SMOKEにはフロントサスペンションがありませんが、CS3400のようにヘナチョコなサスペンションフォークを装着するくらいなら、リジットフォークにして太目のタイヤを履かせた方が快適さに勝るし重量も軽くなります。

自転車にのめり込むと、疲労を少なくするためグラム単位で重量を減らしたり、走行抵抗を減らすために細いタイヤを装着するのが普通なんですが、タイヤを細くすると乗り心地がゴツゴツと悪くなるので私は太目のタイヤを履かせたいですね。自動車で例えるならスポーツカーよりもクラウンです(笑)

いままでクロスバイクに履かせる太目のタイヤは、昔のメリダが履いてた40Cが限度と思っていたのでKONA SMOKEの47Cという太さは驚きでした。
もし私がCS3400を買い換えるならKONA SMOKEも候補の一つかな。

KONA SMOKE お披露目:【自転車館】うめ茶屋 自転車交響曲





自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月03日

去年、CS3400のタイヤにひび割れを発見しました(自転車のタイヤの寿命ってどのくらい?:2009年09月22日)。あの状態のまま走ると今年中にはパンクというかタイヤに穴が開きそうなので春に向けて新しいタイヤの購入を考えています。

で、いつものように楽天を検索(ウェブ検索するだけで楽天スーパーポイントがもらえる)していたんですが、私の欲しい40cのタイヤが極端に少ないんですよね。自分でネットでタイヤを買って交換するような人は、やっぱり高速走行できる細めのタイヤをチョイスするからでしょうか。

太さを38cにすると色々と種類が選べるようになってくるんですが、どうせ交換するなら40cがいいなぁ。同僚のメリダ(MERIDA)が履いてるタイヤが700x40cなんですが、見るからに力強くて乗り心地も良さそうなんですよ(笑)

もちろん、走行抵抗が増えてしまうのは承知です。というか、普段時速20キロ以下でしか走らないので、抵抗が増えても些細な問題で、それよりも歩道やマンホールの段差を乗り越えたときのショックを和らげたいという気持ちのほうが強いんです。

これって、自転車乗りの目指す方向とは真逆かな(^_^;)
ま、私はクロスバイクでのんびり通勤できて、休日は30キロ程度のポタリングが快適に出来れば満足なのでそれで構いません。



楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!


自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(4)TrackBack(0)

2009年05月22日

オレの会社では、オレ以外にも自転車通勤をしている社員がいる。その自転車も多種多様で、主な車種でもクロスバイク(GIANT CS3400、GIANT ESCAPE R3、ブリヂストンのメリダ)、折りたたみ小径車(ホームセンターの無名フォールディングバイク)、折りたたみフルサスMTBルック車(ホームセンターで買った無名メーカー品)、フルサスMTBルック車(HUMMERテッカーチューン済みの中国製)、ヤマハの電動アシスト、そして純然たるママチャリなど。

先月、会社の飲み会で自転車の話で盛り上がり、それぞれが悩みや疑問を持っていることが分かった。ちなみに自転車通勤している社員の中に自転車マニアなんかは居ない。全員が、今の自転車に乗る前はせいぜいホームセンターのフラットバークロス風味やママチャリしか乗った事が無い自転車素人の集まり(笑)

で、これだけ多様な車種があるんだから乗り比べてみよう!って話になって、先日の昼休みにみんなで乗り比べてみたので、自転車素人が乗り比べた感想をレポートしてみる。

まずは、クロスバイク乗りが他の車種に乗ってみた感想だけど、総じてどの自転車も重い!ってのが一致した意見。例えばESCAPEとママチャリでは10キロ近い重量差が有るんだから当たり前といえば当たり前。
乗り心地については、段差の乗り越えショックが少ないルック車の評価が高かったかな。個人的には、これフルサスの効果というよりタイヤの太さに起因するもんじゃないかと思ってるんだけどね。オレが700x40cのメリダに乗ったら、700x35cのCS3400 よりも段差の衝撃がフンワリ柔らかだったからさぁ。
小径車については、「これ長い距離は乗ってられんわ」って意見があった。スピードを出すのにハッチャキになって漕いだためだ。
電動アシストは「おぉ、こりゃ楽チン!」って評価があった一方で、「漕いだ感覚と体感速度が合わなくて気持ち悪い」って意見もあった。

次にMTBルック車の所有者が他の車種に乗った感想だけど、意外にもクロスバイクは評判悪かったな。乗った全員が「軽い!」って感動しただけど、全員一致で「ケツが痛くなった」と。オレのCS3400 は、ママチャリのサドルのようにバネが入っていてクッションもママチャリのサドルのように厚いんだけど、それでもケツの痛みは耐えられないらしい。ESCAPE に至っては「コレ競輪場を走る自転車だよね?よくコレで通勤できるね。」ってトンデモナイ意見もあった(笑)
オレがシティサイクルからCS3400に乗り換えた時は、乗っていてケツが痛いとは感じなかったんだけどなぁ。

小径車に乗ってる連中は、どうやら多段変速に興味が湧いたようだった。ルック車乗りに評判が悪かったクロスバイクも、「24段も使えるの!?」ってビックリしてた。

ママチャリ乗りは、電動アシスト以外はどの自転車も「乗り降りしにくい」って言ってた。そりゃまぁ、クロスもルック車も脚を後ろに振り出さなきゃ乗り降りできないもんなぁ。
その他の意見では「ハンドルがフラフラする」とか「手が痛くなった」とか。CS3400に乗り換えた当初はオレも手が痛くなったので、これはフラットバーのハンドル形状や乗車姿勢に慣れてないせいだろうな。
電動アシストは、もう少し安かった欲しいけど電池が切れたら困るって全員が言ってた。なるほどって思ったのは、鍵が付いてないの?って感想と、カゴが無きゃ不便って意見。
鍵のほうは、ママチャリでは標準装備の馬蹄鍵のことを言ってて、自転車とは別にワイヤーロックを持ち歩くとか、忘れたら家まで取りに行くのが面倒ってことらしい。馬蹄鍵なら鍵を家に忘れるという事は無いもんな。

電動アシストに乗ってる同僚は、どの自転車も「疲れるから乗れない」って一刀両断だった(笑)

あと、それぞれが今乗ってる自転車の不満を話していたので覚えている限りを書き留める。

チェーンカバーがあるメリダは別として、クロス乗りは裾バンドをするのが面倒。
ルック車乗りは、リアサスが沈み込んでから戻るときの「コツン」って音が気になる。乗るときに後ろの泥除けを蹴飛ばしてしまう(ケリ壊した人もいる)。
ママチャリ乗りは、夜ダイナモ使うと重くなるから、後付ライトを着けたんだけど前カゴが邪魔で道路に光が届かない。パンク修理が高すぎる。
電チャリ乗りは、充電忘れると怖くて乗れない。
折りたたみルック車乗りは、折りたたみと展開が面倒だし、折りたたんでも幅が厚くなるから折りたたまない方が省スペース。
小径車乗りは、みんなの自転車見てたらオシャレな自転車が欲しくなったらしい(笑)

最後に、一般的に言われているリアサスによるパワーロスだけど、これは内装3段や外装6段のママチャリからルック車に乗り換えた素人には体感できない程度じゃないかな。実際ルック車乗りに「リアサス付いてると坂道疲れない?」って聞くと、「ヘェーそうなの?」と驚かれたり、「スーパーローで坂道も楽に登れるよ」って言い返された。
オレも一時期ルック車で通勤してたけど、フレームが小さくてフトモモが張ったけど、パワーロスしてるって実感は無かった。
でも、自転車マニアや自転車屋さんが言うんだから間違いは無いと思う。

以上が、自転車素人集団の乗り比べ。
素人の意見だから的外れや「それを言っちゃ・・・」ってのもあったけど、普段乗ってる自転車によって、他の自転車の乗り心地やイメージが大きく違ってくるってのが分かって面白かったわ。

自転車の人気ブログは下のバナーからどうぞ
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Comments(8)TrackBack(0)

アクセスランキング