16日午後10時ごろ、那覇市壺川1の東改良市営住宅B棟(9階建て)から「友人が9階から屋上に上がろうとして落ちた」と119番があった。救急や警察が駆け付けたところ、約21メートル下の1階ひさし部分に少年が倒れており、病院に搬送されたが死亡が確認された。

 沖縄県警那覇署の調べでは、少年は隣接する別棟に住む県立高校1年の男子生徒(16)。小学校時代の友人ら2~3人と、9階通路の手すり(高さ約1.2メートル、幅8センチ)の上に立って歩く遊びをしていて、誤って足を踏み外したらしい。友人らは「度胸試しをしていた。小さいころから滑り台や木から飛び降りて遊んでいた」などと話しているといい、同署が詳しい状況を調べている。【門田陽介】

政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
総務省、NTT西に業務改善命令 顧客情報を不正提供(産経新聞)
5千万円授受の翌営業日、陸山会口座に同額入金(読売新聞)
地球温暖化防止応援団に加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら(産経新聞)