鳩山由紀夫首相は28日午前の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末までに覚悟を持って決めると言っている。覚悟を持って臨むということに尽きる」と述べ、5月末までに決着させる意欲を強調した。自民党の山本一太氏への答弁。
 山本氏が、決着しなかった場合は辞任するのかと質問したのに対し、首相は「仮定の話に答える必要はない」と述べた。 

【関連ニュース】
5月までの決着に期待=グレグソン次官補沖縄訪問へ
普天間、参政権で質疑=参院予算委
参院予算委の詳報
「政治とカネ」、小沢氏に触れず=自民との違い鮮明
普天間移設「民意は重い」=次期名護市長と会談

<犯罪被害者の会>新補償制度創設要求を決議(毎日新聞)
横審委員に意欲? =「営利主義」相撲協会に苦言-石原都知事(時事通信)
「日本海」は国際的に確立=政府答弁書(時事通信)
<訃報>町田裕碩さん98歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)