東京都内では1日午後からの降雪により、路面凍結などで転倒する人が相次ぎ、2日午後3時までに10人が骨折するなど計48人が負傷し、病院に搬送された。
 東京消防庁によると、内訳は男性28人、女性20人。60代が13人、70代が10人と高齢者が多かった。
 清瀬市では同日午前10時10分ごろ、通勤途中の女性(79)が自宅玄関前で転倒し、右足を骨折した。 

【関連ニュース】
雪の影響で38人負傷=転倒相次ぐ

<JR阪和線>踏切の遮断棒折れ、5万人に影響(毎日新聞)
死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
内服薬処方せんの記載方法を標準化へ―厚労省(医療介護CBニュース)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
<将棋>王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)