埼玉県越谷市の「黒田人形」でひな人形作りが最盛期を迎えている。この道47年の伝統工芸士・黒田広司さん(61)と妻勝美さん(57)が、二人三脚で作り上げる。

 セットの平飾りで15万~23万円と値段は張るが、いずれも世界に一つしかない手作りの品。黒田さんは「妻と結婚以来ずっと一緒にやってきた。どちらが欠けても良い作品はできない」と話す。景気を反映してか、最近は約15~20センチの小ぶりな人形が人気という。【尾籠章裕】

【関連ニュース】
雑記帳:「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田
百貨店:年末だって福袋 集客にあの手この手
「人形巧房ひなや」 /滋賀
ひな人形商戦:早くも始まる 人気は省スペース型 /静岡
作陶展:土のぬくもりで桃・端午の節句 久村さん夫妻、桑名で /三重

潔白証明へ頑張る=小沢氏(時事通信)
新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
【集う】第25回梓会出版文化賞(19日、東京都新宿区の日本出版クラブ会館)(産経新聞)
<岡田外相>「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ(毎日新聞)
埼玉県警巡査長を逮捕=女子中生にわいせつ行為-神奈川県警(時事通信)