奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓手術を受けた男性患者が死亡した事件で、県警は5日、業務上過失致死容疑で、執刀した法人理事長で医師の山本文夫被告(52)=詐欺罪で1審有罪、控訴=と助手の元主治医の男性医師(54)の2人の逮捕状を取った。6日に逮捕する。

 手術スタッフに肝臓外科の専門医や麻酔医がいなかったことや、輸血の準備をしていなかったことが判明。態勢を整えなかったことで患者を死なせた可能性が高いと判断した。

 山本被告らは平成18年6月、肝臓手術の執刀経験がないにもかかわらず肝臓に腫瘍(しゅよう)がみつかった患者を手術し、止血措置を怠ったために患者を大量出血で死亡させた疑いが持たれている。

【関連記事】
がん手術で肺動脈に傷、患者死亡 愛知の病院
中絶実施の医師射殺に有罪 米中西部
3歳児低酸素脳症は医師の責任 津地裁が賠償命令
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈
アキバ系の献血ルームも登場 “若い血”求めあの手この手

漁船情報の空白4時間半=銃撃時の位置特定できず-1管(時事通信)
雑記帳 あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
福岡県町村会、遠い透明化…会長逮捕後も非公開(読売新聞)
さっぽろ雪まつりが開幕=市民が作ったマイケルさんも(時事通信)