北方領土の国後島沖で北海道の漁船2隻がロシア国境警備隊から銃撃を受けた問題で、2隻が位置情報を送信する漁船位置管理システム(VMS)の電源を故意に切っていた疑いが強まり、第1管区海上保安本部(小樽市)は10日にも、道海面漁業調整規則違反容疑で2隻の船長2人を逮捕する方針を固めた。日ロ間で定めた安全操業海域を外れて操業していた疑いもあるとみて調べる。
 2隻は羅臼漁協所属の漁船「第58孝丸」(19トン)と「第63清美丸」(19トン)。1管は同日、船長の自宅などを家宅捜索した。
 1管によると、2隻は同規則に基づき、出港から入港までの間、VMSを常時作動させることを義務付けられている。しかし、1月29日の銃撃前、2隻のVMSの記録には約4時間半にわたる空白があり、行動が確認できないという。 

<雑記帳>下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)
開府400年 記念展に荒俣宏さん 名古屋(毎日新聞)
【核心】「サンラ」200億集金 王様ら「セレブ」餌(産経新聞)
<国母和宏選手>服装問題で「極めて遺憾」文科相(毎日新聞)
「意図的な虚偽報告ない」を撤回=会見発言は誤解-石川議員が談話(時事通信)