障害者団体向け郵便料金割引制度を悪用した郵便不正事件で、大阪地検は10日、「凜(りん)の会」(解散)代表、倉沢邦夫被告(74)について、虚偽有印公文書作成・同行使罪を無罪とした大阪地裁判決(先月27日)を不服として、大阪高裁に控訴した。

【関連ニュース】
障害者郵便割引不正:「凜の会」代表、偽公文書作成は無罪
郵便不正裁判:団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑
郵便不正公判:大阪地検が窮地 供述内容覆り(1/4ページ)
郵便不正公判:村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める

末期がん患者への介護サービス迅速化を―厚労省(医療介護CBニュース)
高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
“青く見えない隣の芝生” 校庭芝生化8% 維持管理が大変/効果に疑問(産経新聞)
両陛下、浅田のメダルに「すごく重いんですね」 五輪選手を茶会に(産経新聞)
としまえん 「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)