文部科学省は26日、現状に対応した児童・生徒指導方法を解説する教員向け基本書「生徒指導提要」の最終案をまとめた。81年作成の「生徒指導の手引き」を29年ぶりに見直し、自分の感情をコントロールできない「キレやすい」児童・生徒の増加を背景に、小学校段階での指導を新たに記述した。今後、各学校や教育委員会などに配布される。

 学校現場では、小学校入学直後の児童が教室を歩き回るなどして授業が成立しない「小1プロブレム」が指摘されている。最終案は、自分の行動をコントロールする能力が幼児期から小学校低学年にかけて発達し、小学校高学年から中学校ぐらいに安定すると説明。LD(学習障害)などの発達障害に適切な対応を取るため、外部の専門家に助言を求めたり、校内の協力体制を整備することの必要性を打ち出した。【本橋和夫】

【関連ニュース】
1歳10カ月女児、発達障害と診断…=スクールカウンセラー・山下直樹
理容店
ジャズの居酒屋
こども発達相談センター:来月から、日立市が開設 /茨城
人事:栗東市 発達支援室新設 /滋賀

3連休初日、中国道や名神で39キロ渋滞 追突事故も影響(産経新聞)
救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
<トキ>富山から福井へ 飛来地で最南西(毎日新聞)
普天間移設 「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)