鳩山由紀夫首相は15日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、「5月末の決着とは米国と地元の合意が得られた唯一の案を発表することか」との記者団の質問に、「はい。決着は決着だから、その通りだ。これでいこうと、その方向がお互いに認められた状況を指す」と述べた。公邸前で記者団に語った。

 首相はそのうえで「何としてもその状況をつくりたい。オバマ大統領にもそういった協力を求めた」と述べた。

【関連ニュース】
石破茂政調会長:「日本」との選挙協力に積極姿勢
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
自民党:大島幹事長「同日選も想定」
普天間移設:「5月末決着」明言 首相が米大統領に
社民党:北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏

鳩山首相、天気も政権運営も荒天模様?(産経新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声-高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
<名古屋市議会>恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム(時事通信)
村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)