平野博文官房長官は15日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関し、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の埋め立て案も検討していることを認めた。ただ、民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員に対して、有力な移設先として明言したと報じられていることについては「そういう案をやっていると申し上げたつもりはない」と否定した。

 平野氏は10日に首相官邸で喜納氏と会談した際に移設先の検討状況を聞かれ、「『過去にはいろんなことがありましたね』と申し上げた」として、過去の案のひとつとしてホワイトビーチ沖合案を挙げた。

 会談では那覇空港を拠点とする航空自衛隊那覇基地など県内の自衛隊基地を新施設に移転する構想にも言及。これについて平野氏は「こちら(ホワイトビーチ沖合)に移したらどうかという話はしたが、雑談の中での話題だ」と述べた。

【関連記事】
県に対立招き日米損ねた 谷垣氏、普天間で政府批判
南の島が危ない 陸自配備の兆しなし
官邸内に軋み、首相と平野氏「消えた意思疎通」鳩山政権半年
首相にとってすべては「ゆらぎ」なのか?
「米国は陸上案を拒否できない」 国民新党・亀井代表
20年後、日本はありますか?

法人税減税に前向き=首相(時事通信)
<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
二葉百合子さん、引退へ(時事通信)
<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言(産経新聞)