上海万博のPRソングの盗作疑惑問題で、上海万博実行委員会が“元歌“と指摘される「そのままの君でいて」を作曲した歌手の岡本真夜さんの所属事務所に公式PRソングとして楽曲使用申請をしてきたことが19日、分かった。岡本さん側は受諾する意向を伝えた。レコード会社を通じて事務所が発表した。
 岡本さんは「世界中が注目するイベントに協力させていただける機会をいただき、とてもすてきな話で光栄です」とコメントした。使用条件などの詳細は今後、協議するという。
 問題の曲「2010年はあなたを待っている」は、岡本さんが1997年に発表した「そのままの君でいて」とメロディーが酷似しているとの指摘が相次ぎ、万博事務局が使用を一時停止していた。 

【関連ニュース】
【Off Time】上海・杭州の旅
盗作疑惑のPR曲、使用停止=イメージ低下必至
東京海上、上海万博と南アW杯で専用電話=海外旅行保険で
延伸滑走路の供用開始=新ターミナルビルも
「日本狙った犯行」否定=上海万博前に懸案解決

喫茶店に銃「飾るよう勧めた」譲渡の社長も逮捕(読売新聞)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
公明の山口代表、首相訪米を「リーダーシップない」と酷評(産経新聞)
「子供を想う母の悲しみ知った」 苦闘が生んだ脱北者映画、17日から上映(産経新聞)
春の味覚に舌鼓、タケノコ掘り挑戦 世田谷区(産経新聞)