国土交通省によれば木造住宅の寿命は27年ないしは30年、マンションは37年とされています。

この「木造寿命27年」の根拠は「取り壊した住宅の平均築年数」です。現存する建物の中でには築30年以上長持ちしているものも多く、実態を反映した数字とは言えません。

次に「寿命30年」の根拠を調べると、「ストック数をフロー数で割ったもの」です。したがってこれも木造住宅の寿命を正確に表しているわけではありません。

「マンション寿命37年」の根拠は「建て替えをしたマンションの平均築年数」です。この数字も正確な寿命とは言えません。

また、木造住宅の減価償却期間が22年、RCが47年であることを引き合いに出し、これを建物寿命と結びつける向きも多いのですが、これもまた勘違いです。

減価償却とは、建物部分を劣化に応じて経費化するための数字であり建物の寿命とは何ら連動しません。

では、本当の住宅の寿命はどのくらいなのでしょうか?

大学教授による多くの研究があり、木造住宅の平均寿命は65年、マンションの平均寿命は68年〜150年との研究があります。

これは、基礎、構造躯体についての寿命であり、あくまで適切な施工やメンテナンスが行われている仮定が入っているのを忘れてはいけません。

日本人は住宅のメンテナンスにお金をかける人とそうではない人との差が激しく、住宅を使い捨てにして来た傾向が非常に高いです。

それでも、昔は住宅ローンの期間も20〜25年と短く、経済成長も進んでいた為、多くの方々が住宅の建て替えが出来ました。それに比べて、現在は35年ローンが多く、住宅のメンテナンスを適切に行わなかった結果、住宅の寿命を縮めてしまうことになる心配があります。