天皇、皇后両陛下は26日、東京都渋谷区の山種美術館で、開館記念特別展IV「生誕120年奥村土牛」を鑑賞された。

 奥村土牛は明治22年に生まれ、101歳で亡くなるまで絵筆を握り続けたといわれる日本画家。展覧会では、院展出品作をはじめ、干(え)支(と)や季節の草花をテーマにした作品約70点が展示してあり、両陛下は一つ一つの作品を興味深そうにご覧になっていた。

【関連記事】
両陛下、みどりの式典にご出席
天皇、皇后両陛下が浅田選手にお声かけ 春の園遊会 
杉山寧のコレクション公開 企画展「ポーラ美術館の日本画」
増える「夜型」美術館 「仕事帰りに見たい」の声に応え
アートが語る日米の絆 米大使公邸、日本人作家の作品を展示
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<追突事故>俳優の向井理さん都内で 朝ドラで水木しげる役(毎日新聞)
【暗流独法「仕分け」】万博機構、存廃が焦点(産経新聞)
<普天間問題>政府が辺野古修正案 埋め立てず沿岸部か沖合(毎日新聞)
<前原国交相>小沢幹事長を批判 高速新料金(毎日新聞)
「ビールに覚醒剤、飲まされた」女を送検 巡査長の関与なし(産経新聞)