09年6月に50歳で急死したマイケル・ジャクソンさんの氏名や肖像の使用許可権を侵害されたとして、米ロサンゼルスの「マイケル・ジョセフ・ジャクソン遺産財団」側が、日本国内での使用許可権を持つと主張する「イーシービズジャパン」(東京都渋谷区)を相手取り、グッズ販売業者への使用許可差し止めや3億1500万円の賠償を求めて東京地裁に提訴していたことが分かった。

 9日に第1回口頭弁論が開かれ、イー社側は争う姿勢を示した。

 訴えなどによると、財団側はマイケルさんの氏名や肖像の使用許可権を世界的に独占していると主張。これに対しイー社はホームページで「(日本)国内で独占的権利を有している」とPRし、国内6社にTシャツやアクセサリーなどマイケルさん関連グッズ販売の許可を与えている。

 財団側は「イー社の行為は、著名人の氏名や肖像から生じる経済的利益を独占できる『パブリシティー権』を侵害している」と訴えている。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
マイケルさん急死:麻酔薬投与の医師、出頭に合意
M・ジャクソンさん:過失致死容疑で専属医訴追…ロス地検
M・ジャクソンさん:専属医を過失致死容疑で訴追
マイケルさん急死:麻酔薬投与の医師、8日訴追へ
ハイチ大地震:「ウィ・アー・ザ・ワールド」再録で救済

陸自演習場で射撃訓練中に火災、枯れ草引火か(読売新聞)
<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)
夫婦別姓法案に反対=亀井金融相(時事通信)
<雅子さま>病状は大きく改善 東宮職医師団が見解(毎日新聞)
小沢氏と進退協議か 首相「何らかの責任」(産経新聞)