2005年01月30日

最近読んだ本(1月後半)

二ノ宮知子『のだめカンタービレ 5』(講談社)
池波正太郎『殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安 1』(講談社文庫)
蜷川実花『like a peach』(講談社)
ウラジミール・ナボコフ『ナボコフの一ダース』(サンリオSF文庫)
山田風太郎『くノ一忍法帖』(角川文庫)

何となく読書ペース落ちている。『ナボコフの一ダース』は持っているけれどずっと読んでいなかったもの。今は、やはり「読んでなかった」シリーズで、J. G. バラードさんの『沈んだ世界』を読んでますが、昔の翻訳は硬いというか、読みにくいというか。手書き訳で、あまりいい辞書もなかった時代は大変だったろうなあ。  

Posted by f4511 at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月28日

森山新宿荒木展

会社の帰りに、初台オペラシティに森山大道さんと荒木経惟さんの写真展を見に行く(金土は夜9時まで)。2人の新宿を写した旧作・名作と、昨年2人で新宿を撮り歩いた新作の展示。旧作を見られたのはよかったが、新作があまり元気がなかったのは、2人がピークを過ぎてしまったから? それとも新宿がパワーダウンしているから? 2人の去年の撮影ぶりを写した野村佐紀子さんの写真の方が、歳をとっても子どもっぽい2人を活写していて、しみじみしました。

後、写真って、やはり風景に対して垂直じゃなくて、やっぱり傾くんだな、と。これは自分だけの納得。

それにしても、展示方法はちょっと疑問。6,7メートルはあろうかと思われる天井ぎりぎりまで写真を貼って、しかもそれが照明でてかってて。どうしたらいいんでしょうね、これでしゃれたことやってるつもりみたいなのは。  
Posted by f4511 at 22:11Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月27日

うーん

このブログの更新が、mixiの日記コーナーに反映されなくなっているので、ちょっとテスト。
そう言えばmixiで知り合った「スズキ」さん、ネットラジオの使い方が今ひとつ分かりません。英語の解説が悪いのか、なんかどうどうめぐりしている気が。
井上雄彦さんのマンガ「スラムダンク」、累計1億冊突破記念イベントを記録した「SWITCH」誌、今度買おうかと思って通り過ぎ、2日後には行ける範囲では(ネット書店も含め)完売。売り切れを見越して買い込んだ人々が何倍かの値段でアマゾンやヤフーで出品している、こういうの嫌だなあ。  
Posted by f4511 at 22:45Comments(4)TrackBack(0)

2005年01月24日

初怒り

 年頭所感で、今年は怒ったり皮肉な気持ちを抱いて消耗したりしない、と書いたけれど、昨日、机の横のベッドにマンションの理事会の資料を拡げてレポートをまとめていたら、真木(小4)が来てベッドに潜り込んだ。レポートはもう少しで終わるところだったが、気がちって何度も見直すことに。で、「もうっ、分かんなくなっちゃった!」とぷりぷり。いかんなあ、人間が小さいなあ。
 でも、自分の父親のことを考えると、怒られる以前に仕事をしている父の周りで飛び回ったりとかとてもできなかったよ、と思う。きびしかった父も今年で80。孫にはめっぽう甘いのが微笑ましい。

  
Posted by f4511 at 18:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月14日

最近読んだ本(1月前半)

植草甚一『J・J氏の男子専科』(晶文社)
鶴見俊輔+岡部伊都子『まごころ 哲学者と随筆家の対話』(藤原書店)
けらえいこ『あたしンち 7』(メディアファクトリー)
二ノ宮知子『のだめカンタービレ 1〜4』(講談社)
蜷川実花『ア・ピース・オブ・ヘヴン』(エディシオン・トレヴィル)
蜷川実花『月刊宮地真緒』(新潮社)
池波正太郎『剣客商売 1』(新潮文庫)

正月から、何かまとまった本を読む気持ちがしなくなってしまった。で、家にあるマンガを読んだり、こんなときでも絶対に面白い池波さんの時代小説を寝る前に読んだり。蜷川実花さんの『月刊宮地真緒』はタレント写真集だが、全編蜷川カラーで、タレントの顔がはっきり写っていないほうが、写真として完成度が高くてきれいという「快作」。
まとまった本を読まない分、詩を1編1編読んでみるなんて文章を、細々と書いています。
http://www.catnet.ne.jp/f451/reading.html
  
Posted by f4511 at 21:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月11日

ご好評に応えて

鈴木志郎康さんが、あきれることもなく、「影」の写真にコメントをつけてくれたので、もう1枚。ただし、「光」の方です。

光続き  
Posted by f4511 at 22:58Comments(1)TrackBack(0)

2005年01月10日

光と影(影)

下の写真と併せて、光と影。冬の光はいいですね。寒いけど。影  
Posted by f4511 at 16:22Comments(1)TrackBack(0)

光と影

光  
Posted by f4511 at 16:04Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月08日

年頭所感

年末年始でひと息つけました。
今年の希望というか、気分というか。

いちいち怒らないこと、皮肉な気持ちにならないこと。

怒りっぽい人、話の通じない人、威張ってるように感じられる人も、それぞれに悩んだりしているのでしょう。

悩まないこと、消耗しないこと。
先のことを心配しすぎないこと、他人のための時間をキープしておいて、その余で自分のことができればよい。

なんて、偉すぎて笑えます。  
Posted by f4511 at 16:34Comments(2)TrackBack(0)

2005年01月01日

迎春

迎春  
Posted by f4511 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)