2009年04月21日

最近読んだ本の感想から

メモ代わりにアマゾンに書いた本の感想から、若干手直しして−−

ノーマ・フィールド『小林多喜二―21世紀にどう読むか』岩波新書

 傑作ルポルタージュ『天皇の逝く国で』(みすず書房)以来の著者のファンとしては、期待の1冊でした。数年前に著者が小林多喜二を研究していると知った折に小林作品も何冊か読んでいました。
 この本は基本的に評伝と作品分析からなります。ここでも取り上げられる「党生活者」を読んだ際に感じた、当時の活動家の女性観の限界が、ここでは他の作品の分析と併せて解読されていますが、やはり多喜二個人の限界ではないとしても時代の違いからくる違和感はぬぐいされません。
 この本の中心は、文学は文学として社会から自立するものという現在の考えは歴史的なものにすぎず、多喜二は作家であること、活動家であること、を同時に生きようとしていた、そのことを見直すことで得られる、現在の表現や生き方の見直しということだと思います。
 そこまでは分かるとして、小林多喜二にこだわることから、現在を撃つ言葉や行為が生まれてくるのかどうかについては、疑問が残ります。弾圧と戦う労働者の時代と、それぞれの中流幻想を求めながら成績に追われて一人一人切り離されて追い詰められていく、果ては過労死したり、解雇されたりしていく時代の差を感じます。現在を撃つ言葉はどこから出てくるのか、その問いに対する答えは多喜二さんの線から出て来るのかこないのか、疑問が残りました。 よくまとまっていて勉強にはなる本なんですが。


草森紳一『「穴」を探る 老荘思想から世界を覗く』河出書房新社

 亡くなって一年。連載の多い草森さんのこと、これからも新刊が出続けると思うと、さびしさがやわらぎます。熱狂的な読者ではありませんが、今まで読んだ他の著書に比べても、草森節がうなっている感があります。「穴」とは時には性器であり、目や口であり、皮膚の穴であり、地形であり、フセインの掘った穴であり、、、と変幻自在。読み進むうちに、荘子のように、穴に「落ちる」ことからも「落ちる」心境に束の間ひたれます。
 文章も切れがよく、書き写したい段落にぶつかることもしばしば、たとえば――

童心と洞窟のコンビは、スティーヴンスンの『宝島』や、マーク・トゥエーンの『トム・ソーヤの冒険』以来のものだが、子供が洞窟を好きなのは、自分そのものだからである。童心は、「穴」そのものなのだ。鏡に映った自分をつかまえようと、ふらふらと近づいていくようなものだ。大人になっても、童心は残るが、たいていは鏡にぶつかって頭にコブができるのを避ける。(「穴三題」より)


エリザベス・ムーン『くらやみの速さはどれくらい』ハヤカワ文庫(読んだのは原書)

 主人公ルウは自閉症ながら、独特のパターン認識能力で、製薬会社の研究員を勤め、アフターファイヴに楽しむフェンシングの腕もなかなか。フェンシングの腕が冴えすぎて、健常者の青年の恨みを買ってさんざんな目にあうが、自閉症の彼は怒りや友情をうまく感じ取ることができない。恋もしているが、淡い感情のまま。会社はそんな彼や彼のやはり自閉症の同僚たちに、大人になってしまった自閉症者を治す新治療(脳手術)を提案するのだが、、、、、。
 ネタばれになるのでこれ以上は書けませんが、自閉症のルウがとても魅力的に描かれていて、あるがままの彼を好きになってしまいます。これを病気というのだったら、情緒不安定の健常者とは何かと、さりげなく問いかける物語は、読みやすくて楽しめます。幕切れはわりとあっけない感じでした。


コーマック・マッカーシー『ザ・ロード』早川書房 (読んだのは原書)

 滅びかけた世界を旅する父と息子という設定から、たとえばポール・オースターさんの『最後の物たちの国で』のような寓意的な近未来小説かと思ったのですが、寓意とか現代世界に対する暗喩的な批評というものは感じられませんでした。
 原書で読みましたが、使用する単語がちょっと凝っていたり、視点がぱっと変わったりして、見た目ほど読みやすい作品ではありません。
 読後の印象を整理すると、この本で作者が描きたかったのは暴力だったということ。その暴力は実際の暴力でもあり、社会が個人にぶつける、個人がお互いの存在にぶつけあう暴力でもあります。そういう意味では「今」を生きるひりひりした感じを出そうとしたのかな、というのがひとつ。
 もうひとつは「父」の行動の描写が細かいことでも感じるのですが、ヘミングウェイさんのような男性性へのこだわりです。父親が自分自身、わずらっていても、男は愛する者を守るために行動する、生きるために行動ひとつひとつの細部にこだわるといったところ。
 近未来の世界うんぬんというのは、そうした人間の、男のひりひりした部分を出すための設定だったかとも思います。 全体には、まあまあと思いました。


広瀬隆『資本主義崩壊の首謀者たち』集英社新書

 「未曾有」の不況のなか、日本でまでオバマ本がベストセラーになるほど、期待を持たれたオバマ政権がスタートしたが、本書はその期待と幻想をあっさり突き崩す。オバマ自身は政府支援を受けながら巨額の報酬を取り続ける金融トップの腐敗を批判しているが、オバマのスタッフがその金融のボス陣とみんなグルなんだから、彼自身は理想を説いたとしても期待は持てない。オバマは差別問題も取り上げようとしているが、これまた彼のスタッフの反対でイスラエル批判さえできない。それもこれも元々オバマを当選させたのは、草の根の金というよりは、草の根の金を集める作戦を立てて遂行した、金融マフィアの一員だったのだから。クリントン、ゴアくらいまでは民主党なら国内福祉くらいはやるだろうと期待が持てたが、金融マフィアが米国民の米国民のための金にまで遠慮なく手をつける時代となっては、民主党にあるのは最早イメージのよさだけかもしれない。そんな怖さを日本人もイメージでしか語れないジャーナリズムに踊らされずに見つめようと警告する良書。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/f4511/51801237