2015年01月28日

サンプル系

◯ーー塾のような場所で皆が集まっていると、どっちが議論として主流になるかは分からないんです。(略)体育会系のほうがいいということになる可能性だって十分にある。僕はそこで、自分がずっと育ってきたその集団や社会の中では、それでもやっぱり近代的な自由とか平等とかいうものは、まあ表向きは良しとされるところがあったわけです。しかしもう少しその底のところに行ったときには、それが本当に良しとされるかどうかは、はっきりしない。そこには何か「ねじれ」のようなものがある。(長谷川宏さん「共にあって、学び始めること」『思想の科学 会報 178号』収録のシンポジウム基調講演。思想の科学研究会、2014・9)
ーー例えば塾の子で、自衛隊に行った子がいる。その子は知的に優秀な子ですが、どう考えて自衛隊に入ったのか、僕にはよくわからない。彼は我々の集まりも好きで、今はどこかの訓練所に行っているんですが、しょっちゅう帰ってきては塾にやってくるし、うちの嫁さんの葬儀の時も迷彩服で来たりする。「あの子どうなってんのオッチャン」とまわりの人に言われて、僕もどこかではその子とじっくりその話はしなければと思いつつ、どう切り込んでいったらいいかわからない。(同前)

◯ーー当時私が心配したのは、十九歳から二十歳にかけて野呂氏が体験した生きざまが(注: 自衛隊への入隊)、果して若者たちに受け入れられるだろうかということだった。あてになるのは自分ひとりの力のみで、がむしゃらに生きようとする熱い血のたぎりとそれ故の苦悩とが、たとえば大学へ進学することが当たり前になり、二十歳を過ぎても親の庇護を受けていられる若者たちに、この《草のつるぎ》がどこまで理解されるだろうか。更には、ぬくぬくとした形で文学の世界に入ったーー文学のみにしかすがって生きられず、そのために三度の食事もまともにとれなかったという類の者たちまで含めてーー人々に、この《草のつるぎ》が終始一貫して放っている哀しみにどこまで共鳴できるのだろうかと心配になった。(丸山健二さん。野呂邦暢さんの『草のつるぎ』解説。同題の文春文庫所収)
ーー野呂氏は依然として諫早の土地を動こうとしない。(略)地方において周囲を見渡した場合、さまざまな形はあるにせよ、社会に直接参加して生きている人ばかりで、信じられないようなことをして食べている者はなく、家に閉じこもって文学をいじくりまわしているような者は自分ひとりなのだ。だから、堂々と胸を張って名乗れない負い目をのべつ感じていなければならない。(略)小説を書く上で、その負い目こそが大切なのではないか、と私は考えている。大半の小説家たちが文化的な環境のなかに身を置き過ぎているのではないだろうか。(同前)

◯丸山さんの指摘は、長谷川さんの問題意識とはずれるけれど、反映している社会意識は共通。その逆転の仕方も含めて。民主社会の向こうに闇があるような、逆に土地に生きる人にとっては、個人性に依拠する現代の表現が異物であるような。
 ただいまの民主主義を守ろうというとんがった意識のブームは、それはそれで意味がある。でも、それとはちょっとそれたところから目が離せない。
 民主主義的な民間学者・市井の教育者と体育会系、自衛隊、ブンガクと自衛隊、地方の社会・世間と地域に供さないブンガク。後半について言えば、地方の社会・世間は開発や過疎などによって少し崩れてきている可能性もある(野呂さんの自衛隊入隊は1950年代、『草のつるぎ』の発表は70年代で、80年に40代で亡くなっている)。
 それでは日本社会が経済成長などによって、社会としても成熟したのかと言うと、そうでもなさそうだ。マンションの理事会で仕事をしたことがあるが、きょうびの理事たちゆえ、会計や建築、法務などに強い人びとが集まっていて仕事ができる。で、さて打ち合わせなどが一段落してひと息という段になると、ゴルフや経済などの話となり、民主党も朝日も金が分かっていない、やっぱ日経で、朝日はちょっと気分が悪いといった話になったり。そのなかでもY新聞勤務の温厚な紳士が最寄りの駅で、地下鉄遅延で駅員さんを執拗に怒鳴りつけていたり。
 とりとめがなくなってきたけれど、書いておけることを書いた。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/f4511/52406070