総務省は22日正午、2011年7月のテレビ放送完全デジタル化に向けた実験地域に選定している石川県珠洲市で、アナログ放送を24日正午まで48時間停止するリハーサルを始めた。約7500世帯を対象に、移行への最終的な課題を探る。
 珠洲市では今年7月、全国より1年早く地上デジタル放送(地デジ)に完全移行する予定。昨年7月には1時間の停止実験が行われ、総務省は戸別訪問などで移行の周知や視聴対策を進めてきた。
 今回のリハーサルは同市の大部分と、隣接する能登町の一部が対象で、NHKと民放4社が珠洲中継局からのアナログ放送を停止。NHKのアナログ画面は真っ青に変わって「リハーサル実施中」と表示され、民放は画面が砂嵐になった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕新電波塔「東京スカイツリー」
地デジ経費かさみ赤字に=受信料収入も伸び悩み-NHKの10年度予算
出資規制緩和で地方局支援=通常国会に法案
10年末の地デジ普及率96%に=数値目標を設定

静まる法廷、響く音声=菅家さん、目閉じ聞き入る-「自白」テープ・足利再審公判(時事通信)
「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)