通信販売などで犬や猫の販売を手掛けるペットショップ「Coo&RIKU」(東京都足立区)が、2007年12月期までの2年分で、約1億8000万円の収入を隠し、法人税約5500万円を脱税したとして、同社と大久保浩之社長(31)が東京国税局から法人税法違反の疑いで東京地検に告発されたことが12日、分かった。同社は既に修正申告に応じているとみられる。
 関係者によると、同社はペット販売での売り上げや取引先からのリベート収入の一部を隠すなどして所得を少なく見せ掛けた疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税
ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し
建築設計会社社長ら逮捕=3000万円脱税容疑

<弁護士懲戒処分>銃口向けた写真で「脅迫状」(毎日新聞)
<新型インフル>ワクチンの副作用被害救済 部会が増額合意(毎日新聞)
都内で今年初のスギ花粉(産経新聞)
市立病院部長が覚醒剤 使用容疑で逮捕(産経新聞)
都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)