厚生労働省は3月26日、新型インフルエンザ対策総括会議の構成員を発表した。政府の新型インフルエンザ対策本部の専門家諮問委員会委員長を務めた尾身茂氏(自治医科大教授)ら11人で、初会合は31日に開かれる。

 同会議の構成員は尾身氏のほか、▽伊藤隼也氏(医療ジャーナリスト)▽岩田健太郎氏(神戸大大学院医学研究科教授)▽岩本愛吉氏(日本感染症学会理事長)▽岡部信彦氏(国立感染症研究所感染症情報センター長)▽金澤一郎氏(日本学術会議会長)▽河岡義裕氏(東大医科学研究所感染症国際研究センター長)▽川名明彦氏(防衛医科大学校教授)▽田代眞人氏(国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長)▽谷口清洲氏(国立感染症研究所感染症情報センター第三室長)▽丸井英二氏(順天堂大医学部教授)―の全11人。

 同会議は、新型インフルエンザに対して厚労省が講じてきた対策を総括し、今後の新型インフルエンザの再流行時や鳥インフルエンザの発生時の対策に生かすため、同省新型インフルエンザ対策推進本部の下に置かれる。
 会議では、対策の経緯と今後の課題をまとめた上で、水際対策、公衆衛生対策、サーベイランス、広報体制、医療体制、ワクチンなどについて、有識者の意見を踏まえながら今後の課題を検討する。


【関連記事】
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
厚労省の現役医系技官が国の新型対策を批判
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
「新型」診断の医師の届け出義務を廃止-厚労省
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」

<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低-厚労省調査(時事通信)
神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」(産経新聞)