自民党の鳩山邦夫元総務相は12日、衆院予算委員会で与謝野馨前財務相が邦夫氏から聞いた話として鳩山由紀夫首相が母親に金を無心していたとのエピソードを紹介したことについて、

「1年半か2年ほど前、母から『お兄さんは子分を養うためにお金が要るといっている』という電話を受けた」と述べた。

 そのうえで、邦夫氏は母から「あなたは子分がいないから要らないか」と尋ねられたといい、後に与謝野氏にそのやりとりを語ったという。

 ただ、「兄(首相)が母親に無心したとか、(現金を)取りに行ったとか言っているのではない」とも指摘。首相が母親からの資金提供を認識していたかについては「分からない」と述べた。首相の答弁については「私と母親の会話は事実だが、コメントや評論はしない」とした。

【関連記事】
与謝野氏、激しく首相追及「平成の脱税王だ」 衆院予算委
政治とカネでこころもとない首相答弁 当事者意識も責任感もなく
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」
ブログ市長にモノ申す! 総理母からの“子ども手当”も…参院選は「自、民の負け比べ選挙」
母性愛は友愛より強し 元首相・中曽根康弘

<石川議員>「辞職、離党しない」 保釈後、初会見(毎日新聞)
「法律違反なら厳正に対応を」 北教組問題で川端氏(産経新聞)
あいさつ交わさず、路上駐車も=逮捕の18歳少年-石巻3人殺傷(時事通信)
交通事故 米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷(毎日新聞)
<子ども手当>親「不詳」の子は同額施設に給付 厚労相方針(毎日新聞)