英会話学校大手「ジオス」の破産を巡り、同社の事業を引き継いだ「ジー・コミュニケーション」(名古屋市)は23日、臨時休校していた全国各地の教室で授業を再開させた。

 ジー社はこの日、引き継いだ230教室のうち201教室を再開。残る29教室も近く再開するとしている。

 この日午前10時から再開した東京都内の教室では、午後からの授業の状況などを問い合わせる電話が相次いだ。対応に追われた女性職員は「教室をいくつか閉鎖するという話は聞いていたが、まさか倒産するとは……」と戸惑った様子。「私たちの雇用も続くと聞いてはいるが、まだ何もわからない」と硬い表情で話した。

          ◇

 福島消費者相は23日の閣議後記者会見で、「受講生が不安なく授業を受講できるよう、しっかり監視していく」と述べた。

 ジー社は、閉鎖される99教室の受講生について、受講料の払い戻しを受ける権利を放棄する代わりに、同社が引き継ぐなどした別の教室での受講を認めるとしているが、福島消費者相は「教室が遠いなど払い戻しの権利を放棄しなければ良かったと思う受講生が出る可能性がある」として、引き続き両社に説明を求めるとした。

<普天間問題>社民幹事長、徳之島移設案に反対(毎日新聞)
福井県知事と週明け協議=もんじゅ再開に向け文科・経産相(時事通信)
<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
<平野官房長官>仙谷氏を批判 衆参同日選発言(毎日新聞)
とくしまマラソン2010〔地域〕(時事通信)