文部科学省は17日、五輪選手などのトップアスリート育成で成果を上げた企業に対する表彰制度を創設する方針を決めた。同省はこれまでも、国際大会で優秀な成績を収めた選手や指導者は表彰してきたが、所属母体の企業を評価する制度は初めて。
 スポーツ振興を通じた社会貢献に対する経営者の理解を深め、企業に所属する選手の練習環境などを向上させる。結果として、五輪をはじめとする国際大会でのメダル獲得数増加を目指す。2012年のロンドン五輪に向けた企業の取り組みを促すため、できるだけ早期に創設する方針だ。
 最近は、景気低迷のあおりや、株主優先の企業風土が広がったことで、直接の収益につながりにくい企業スポーツを縮小する傾向が強まっているが、行政としてスポーツを通じた企業の社会貢献を高く評価する姿勢を示す。 

【関連ニュース】
女子柔道の谷亮子氏を擁立=歌手・庄野真代氏も
火山噴火で「奔走」=6日がかりの英国入りも

東京で今年初の真夏日、群馬・館林は33・4度(読売新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>「多い日は100個以上」「気持ちがマヒ」 全宝協元社員(毎日新聞)
大阪の国旗常時掲揚、府立高はわずか4校(産経新聞)
振興策要望受け取る=徳之島住民との面会―官房長官(時事通信)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)