発達した低気圧の影響で21日、東日本を中心に強い風に見舞われ、交通機関が乱れた。

 航空機は、羽田発着便を中心に全日空が40便、日本航空が67便欠航し、欠航だけで計約1万6000人に影響が出た。機材繰りによる遅れは終日続いた。

 鉄道では、架線にビニールが巻き付いたJR中央線や京浜東北線、高崎線、東京メトロ東西線の全線、JR宇都宮線の上野-宇都宮間などで一時運転を見合わせた。青梅線では午前8時54分ごろ、東京都奥多摩町棚沢付近で沿線の杉(高さ15メートル、直径25センチ)が傾いたため伐採し、復旧まで約6時間かかった。

 高速道路は、神奈川と千葉を結ぶ東京湾アクアラインや首都高速の台場線などが一時通行止めとなった。

【関連ニュース】
強風:首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災
スカイマーク:国交省、特別安全監査始める
気圧データ:誤発信 三宅島空港でも
スカイマーク:副操縦士を諭旨退職 飛行中にデジカメ撮影
JAL:一便一便新しい気持ちで…63歳機長ラスト飛行へ

水俣未認定患者訴訟で政府が熊本地裁の和解案を受け入れへ(産経新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)
トキのケージ、最初からテン侵入防げぬ設計施工(読売新聞)
福岡切断遺体、女性帰宅後連れ去りか(読売新聞)