「坂本龍馬ゆかりの地は長崎、京都だけじゃない」と山口県下関市の長府博物館は龍馬と下関の関係を物語る資料を公開、「龍馬が愛した下関」を年末までPRしている。

 寺田屋事件で共に難を逃れた長州藩士、三吉慎蔵らの支えもあって龍馬は激動の時代に大活躍。それだけに新婚時代、下関の巌流島に渡り、妻お龍と花火を楽しんだほどだ。

 龍馬コーナーには龍馬の書状(複製)や飯碗(わん)、湯飲みなど生活感漂う資料も。下関に親しみいっぱいの幕末の英雄も天国から「巌流島はよかったぜよ」。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
坂本龍馬:妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席
坂本龍馬:ゆかりの「平成いろは丸」就航 広島
長崎まちなか龍馬館:ゆかりの品など展示 1月2日開館
注目ドラマ紹介:「新撰組 PEACE MAKER」 イケメン続々、ポップな幕末青春活劇
坂本龍馬:143年ぶりに妻お龍と再会

前原国交相「秘書3人起訴の事実は重い」(読売新聞)
<山本病院>看護師「機転」物証に 放置腫瘍を検査に(毎日新聞)
内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ-伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
太っていなくても糖尿病 製薬会社調査 3人に1人が油断(産経新聞)
山本病院事件 理事長ら逮捕 「あり得ない」執刀 肝臓手術は未経験(産経新聞)