鳩山由紀夫首相は9日午後の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された同党衆院議員、石川知裕被告の進退について「党務は小沢氏が主導しているので、小沢氏と石川議員との間で早く結論を出すべきだ。さらに本人の身の処し方が十分でない、必ずしも国民の思いとは違うということになるときに、党の判断も当然出てくる」と述べ、党が処遇を決める可能性を示唆した。平将明氏(自民)の質問に答えた。

【関連記事】
社民・照屋氏「石川被告は自発的辞職を」
小沢氏の不起訴・続投「当然」 達増岩手知事
党利党略が最優先!?民主、石川被告を徹底擁護のワケ
小沢幹事長「辞任すべきだ」7割超す
保釈の石川知裕被告、無言で一礼

「番組見なければ就職させない」 NHK経営委員「トンデモ」提言(J-CASTニュース)
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合(医療介護CBニュース)
<石川知裕議員>辞職勧告採決せず 衆院議運委(毎日新聞)
<五輪モーグル>「4年後も」8位村田、満面の笑み(毎日新聞)
小沢氏処分、検審へ 民意で起訴の可能性 鳩山首相も審査中(産経新聞)