防災担当相を兼務する中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、気象庁が出す津波警報について「大津波警報と津波警報の間にもう1ランク設けることができないかとか、新たな対策を考えていきたい」と述べ、あり方を見直す考えを明らかにした。

 中井氏はチリ大地震を受けて津波警報の問題点が指摘されていることに関連し、「もう少し大津波警報から津波警報へのレベルダウンが素早くできなかったのかという問題がある。警報を出しても意味がない(と国民が受け取る)となると次回の警報が信用されなくなる」と指摘した。

【関連記事】
青森・むつ市が津波の避難指示出し忘れ
前原国交相、気象庁に「謝罪には当たらない」 津波の過大予測問題で
津波警報 避難勧告知りながら出港 南海フェリー
「見る間に潮位上昇」 チリ巨大地震 
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)
交通費渡して「大阪市に行け」 生活保護「たらい回し」表面化(J-CASTニュース)
八戸水産高の実習船「青森丸」の無事を確認(産経新聞)
川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)