自治体の首長として全国初の育児休暇を取得する東京都文京区の成沢広修(なりさわ・ひろのぶ)区長(44)は1日、新入職員に対するあいさつで「ぜひとも皆さんも結婚して、子供が生まれる時は育休をとってみてはいかがか」と述べた。成沢区長は3~15日に育休を取得する。

 あいさつで成沢区長は「あさってから私は育休を取得する。皆さんたちにとっても働きやすい職場であることが、区民サービスの向上にも必ずつながると信じている」と述べた。

 同区は男性職員の育休取得率が0%。成沢区長は今年2月、長男が誕生し、議会開会中の3月を避けて4月の育休取得を決めた。【神足俊輔】

【関連ニュース】
日本鋼管病院:診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」
保育所待機児童:4万6058人に増加 厚労省発表
子ども手当:給食費滞納者の窓口支給を検討 栃木・足利
厚労省調査:2人目以降の出生、夫の育児時間長いほど増加
文京区長育休:ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」

<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)
「特急」と運転士勘違い、京急で駅通過ミス(読売新聞)
大洋薬品に1年間の会員資格停止処分―日本ジェネリック製薬協会(医療介護CBニュース)
<虐待>容疑の行司逮捕…3歳長男ける 妻が被害届(毎日新聞)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)