政府は27日、ハイチ大地震への復興支援のため、国連平和維持活動(PKO)に陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方針を決めたことを受け、現地の道路や建物の被害状況を把握するために自衛官ら計3人の調査チームを現地に派遣した。日本時間29日夜にも現地入りし、情報収集にあたる。政府は、300人規模の施設部隊をハイチPKOにあたる国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)の枠組みに参加させ、がれき撤去や道路、建物の補修を行う方針で、国連と調整を進めている。

【関連記事】
米大使、米批判の伊高官罷免を要求 伊首相は叱責
ハイチ大地震 AMDA医師が帰国「術後訓練など必要」
ハイチ大地震 英7歳、義援金2千万円超集める
ハイチ大地震 14日ぶりに35歳の男性を救出
ハイチ支援活動への批判に不満爆発 米国務長官

名護市移設、地元情勢は困難=「普天間」で米次官補と会談-北沢防衛相(時事通信)
<児童虐待>防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ(毎日新聞)
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」(医療介護CBニュース)
1票の格差 昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)