民主党の小沢一郎幹事長は20日、松江市内での連合島根との会合で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「特に地元に不信感が残ってしまった。沖縄であれだけ反対集会をやっているので、すんなり行くとは思えない」と述べ、政府が進める県内移設を実現することは困難との考えを示した。会合に出席した連合幹部が明らかにした。

 連合幹部によると、小沢氏は連合側が「キャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市辺野古)へ移設する政府案は自民党と同じだ」という有権者の批判を紹介したことに答えた。「発信の仕方、決断の仕方はどうなのか」とも述べ、鳩山由紀夫首相の政権運営にも疑問を呈したという。

 小沢氏は普天間問題については「自分はかかわっていない」として基本的に発言を控えてきた。今回、普天間問題に言及したのは、「5月末決着」の期限を前に社民党が政府案に強く反対し、連立離脱もほのめかしていることを懸念したとみられる。【念佛明奈】

【関連ニュース】
山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問
小沢氏:「青木氏は既成の政治家」
韓国哨戒艦沈没:鳩山首相「北朝鮮の行動は許し難い」
小沢幹事長:国民新に合併打診 亀井代表「断った」
民主党:「選挙の小沢」に陰り 地方行脚開始

鈴木元都知事死去 地方自治思い強く 高齢批判のけ4選(毎日新聞)
産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案(産経新聞)
<田んぼ対決>まちおこしでも阪神・巨人戦(毎日新聞)
<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)
JR西 新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め(毎日新聞)