【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】宇宙の食事は意外に充実? 米航空宇宙局は米中部時間11日(日本時間12日)、山崎直子宇宙飛行士(39)、野口聡一宇宙飛行士(44)が滞在している国際宇宙ステーション(ISS)の食事風景を公開した。2人は米国、ロシアの飛行士と、楽しそうに「食卓」を囲んでいた。

【写真で見る】宇宙ステーションでの食事風景

 ジョンソン宇宙センターで、山崎さん搭乗のスペースシャトル「ディスカバリー」の管制を担当している星出彰彦宇宙飛行士(41)によると、映像で見えるメニューは細長いチューブに入ったロシア製の紅茶のような飲料と缶詰。チューブは口をつけて吸う時だけ中身が出る構造で、中にはティーバッグが入っている。食べ物は、レトルト食品やフリーズドライ製品が主流の日米に対し、ロシアは今も缶詰がメーン。星出さんは「ごみ減量のため、食べ終わると皆で缶を一生懸命つぶします」と話していた。

 ISSには、宇宙航空研究開発機構などが開発した宇宙日本食も持ち込まれている。ラーメン、サケおにぎり、緑茶などメニューも多彩で各国の飛行士に人気。山崎さんもカレーやようかんなどを持参したという。

【関連ニュース】
<写真特集>スペースシャトル「エンデバー」が打ち上げられるまで
写真特集>日本人宇宙飛行士の軌跡
ISS:宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動
スペースシャトル:地球帰還を1日延期 アンテナ不具合で
山崎直子宇宙飛行士:コンテナ移設で若田さん「仕事満点」

<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
<北海道厚沢部の車両火災>子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
議員立法ルール確立=政府が新組織で事前審査-民主(時事通信)
防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)