29日午前6時20分ごろ、大阪市生野区林寺の市道交差点で、市営バスと乗用車が衝突し、乗用車が弾みで近くの電柱にぶつかった。この事故で、市営バスの乗客の男性(63)が腰を打ち軽傷を負った。

 乗用車の運転手の呼気からアルコールが検出され、生野署は、自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、生野区巽南、無職、片岡勇輔容疑者(26)を現行犯逮捕。詳しい事故原因を調べている。

【関連記事】
3歳児、バスにひかれ死亡 運転士を逮捕 練馬
大会用シャトルバス運転手が高速道路走行中に倒れ、死亡
あわや大事故、バス運転手意識失い後続車など衝突 高松道
幼稚園バスが衝突事故、園児ら2人軽傷 山形
乗員13人が軽傷 マイクロバスとタクシーが衝突 東京・東雲

【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(上)迷走の初動捜査(産経新聞)
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)
取り調べメモ「すべて廃棄」=厚労省元局長公判で検事ら-大阪地裁(時事通信)
JR歴代3社長起訴めぐり指定弁護士を推薦(産経新聞)
両陛下、京都で日本庭園ご覧に(産経新聞)