岡田克也外相は11日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、衆院本会議場内で鳩山由紀夫首相と短時間協議し、「福島瑞穂社民党党首(消費者・少子化担当相)、亀井静香国民新党代表(金融・郵政改革担当相)に丁寧に説明した方がいい」と述べ、与党内調整を急ぐよう助言した。外相が記者会見で明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

社会福祉法人を捜索=ガラスチップ廃棄容疑-兵庫県警(時事通信)
「日本は沖縄基地拒む」返還前、韓国大統領懸念(読売新聞)
もんじゅで誤警報か=運転に影響なし-原子力機構(時事通信)
連立離脱も選択肢=普天間の県内移設けん制-社民の照屋国対委員長(時事通信)
5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」-社民の福島党首(時事通信)