強制わいせつ致傷罪などに問われ、裁判員裁判で保護観察付きの執行猶予判決を受けた男(28)が判決の約2週間後、自転車を盗んだとして窃盗容疑で現行犯逮捕されていたことが20日、分かった。自転車の所有者と示談が成立して不起訴処分となったため、執行猶予が取り消されることはないという。

 男に対する裁判員裁判は今年1月に大阪地裁で行われた。知的障害があったが、検察側は「再犯防止のため、厳しい処罰が必要」として懲役4年を求刑。裁判員らは「支援者がおり、社会での更生の機会を与えるべきだ」として、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を出した。

 弁護人を務めた弁護士によると、知的障害者の支援グループなどに支援の輪が広がり、男は今月1日に救護施設に入所。更生計画の準備中だった7日に現行犯逮捕された。弁護士は「犯罪という意識がなかったようだ。残念だが、改めて更生計画を立て、2度と犯罪を起こさないようにしたい」と話した。

【関連記事】
入所の男子生徒殴りけが 知的障害児施設に改善勧告
成年後見人の立場悪用、1200万円着服
幸満ちゃん事件 勝木被告の弁護団、無罪主張へ
裁判員制度で知的障害者らに「専門弁護士」 虚偽自白や誤解防ぐ
知的障害のある長男を絞殺 両親を逮捕

<雑記帳>「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
「介護に疲れ」母を絞殺=容疑の48歳男逮捕-警視庁(時事通信)
不整脈の寛仁親王殿下がご退院 佐々木研究所付属杏雲堂病院から 宮内庁(産経新聞)
<火災>2幼児、遺体で発見 東京・練馬のアパート(毎日新聞)
五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)