自民党の与謝野馨元財務相と園田博之幹事長代理を中心とする「正しいことを考え、実行する会」は10日、党本部で会合を開き、自民党の現状に関し「今の執行部では夏の参院選を戦えない」との認識で一致した。
 会合には約10人が出席。与謝野氏は、月刊誌に寄せた論文で、谷垣禎一総裁ら執行部の交代を求めたことを説明した。ただ、出席者からは「総裁選の手続きを踏んで選ばれた総裁を代えるのは難しい。幹事長以下を刷新した方がいい」「もう1度総裁選をするわけにはいかない」との声が出され、谷垣氏に辞任を求めるのは現実的でないとの意見が大勢を占めた。
 会合では、園田氏が8日の大島理森幹事長との会談で「執行部が総退陣して次世代にバトンタッチし、ベテランは後ろで支えるべきだ」と迫り、大島氏から「若い連中にできるのか」と拒まれたことも明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

松田参院議員、自民会派を退会(時事通信)
東北の歯科技工士、嘆息 薄利と長時間労働で若手離職(河北新報)
鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)