総務省の外郭団体「明るい選挙推進協会」が22日発表した世論調査で、16~29歳の若者の7割超が国会や政党を「信頼できない」と感じていることが分かった。また、7割超が今の政治に不満を抱き、約3割が一番印象に残った政治的な出来事に首相の相次ぐ辞任など「首相に関する出来事」をあげた。同協会は「(首相の相次ぐ辞任が)若年層の政治不信の原因となっている可能性を否定できない」と分析している。

 調査は全国の16~29歳の男女3000人を対象に09年1~2月に郵送で実施。回収率は68.4%だった。

 国会を「あまり信頼できない」「ほとんど信頼できない」と答えたのは全体の76.6%。政党は73.7%▽マスコミ66.4%▽中央省庁59.4%▽選挙制度40.2%--が「信頼できない」と回答された。また、今の政治に「やや不満」「かなり不満」と答えたのは全体の75%で、特に「かなり不満」が49.6%と半数に迫るなど、政治不信が高まっている。【石川貴教】

【関連ニュース】
衆院選:浮動票「自民離れ」…本社終盤世論調査
毎日新聞世論調査:小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%
橋下知事:支持率70% 毎日新聞調査
選挙:参院選・宮城選挙区 自民候補に熊谷氏 公募で選考、世論調査でリード /宮城
政治 政党支持率 政治への信頼を表す数字

<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)
<石川知裕議員>辞職勧告採決せず 衆院議運委(毎日新聞)
裁判員裁判で初の死刑求刑か 男女強盗殺人、午後選任手続き 鳥取地裁(産経新聞)
関東北部で震度3(時事通信)