20日午前10時40分ごろ、大阪府守口市外島町の阪神高速守口線下りで、走行中の大型トレーラーの後輪のタイヤが脱落し、道路脇の路肩付近で炎上した。

 府警高速隊によると、外れたのは後輪右側のダブルタイヤ(直径約1メートル、幅約60センチ)1組で、約10分後に消し止められ、けが人はなかったが、現場付近は一時通行止めになった。

 高速隊はトラックの男性運転手(46)から整備状況を聴いている。

【関連記事】
送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒
山陽道で郵便トラックが炎上 前輪から煙、停車後に
広島の山陽道で郵便トラック炎上 大分→名古屋の途中
首都高湾岸線でトレーラー炎上 けが人はなし
首都高の悲惨な事故 なぜ繰り返されるのか

川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
家族刺され2人死亡=3人負傷か、30歳長男逮捕-愛知県警(時事通信)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
舛添、東国原氏あす会談(時事通信)