大阪府は10日、現代美術作家の木村嘉子さん(77)から寄贈を受けた抽象画を紛失したと発表した。部署移転に際し、誤って廃棄した可能性が高いという。府は「弁解の余地はなく申し訳ない。関係者の処分を検討する」としている。

 紛失したのは、木村さんが昭和34年に制作した「作品17-59」(縦・横116センチ)。平成11年に府立現代美術センターに寄贈され、当時の評価額は132万5千円だった。

 府によると、絵は17年に同センターから府病院事業局に貸し出され、幹部室に飾られていた。組織改編に伴い、18年3月に部署の移転作業が行われたが、その際に廃棄物に混入した可能性が高いという。1年ごとの貸し出し更新手続きを怠っていたために、紛失に気づくのが遅れた。

 府は木村さんに謝罪したうえで、府警東署に遺失届を提出した。

【関連記事】
ゆうちょ銀、近畿8100人分の顧客申込書紛失 口座番号など記載
中京銀行が顧客情報紛失
捜査員が証拠の覚醒剤を誤廃棄 岡山県警
顧客データ入りUSB紛失 きらやか銀行
東京国税局、法人税など申告書149件を誤廃棄

管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)
法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)